わきがの基礎知識

"わきが"について、みなさんは、耳にしたことのあると思いますが、このわきがとは、いったいどういうものなのか、ここで簡単にお話したいと思います。

 

わきがとは、病気ではなく、人間の体質です。全ての人には、その人特有の体臭があるものです。わきが体質の人は、その人特有の体臭が、独特のわきがの臭いを持っています。そのにおいは、人によって、さほど気にならないものであったり、とても不快なものだったりする場合があります。わきが体質といっても、人によって、程度が様々です。治療が必要になるか、ならないかは、わきがの程度と、本人の意思によります。わきがは、病気ではありません。ですから、わきがだからといって、必ずしも治療が必要というわけではありません。

 

大抵の人間は、自分のにおいには気づきにくいものです。ですから、自分のにおいがどのようなものなのか知る人の方が、少ないと思います。自分自身が、わきが体質であることを知らない人も多くいると思います。日本には、わきがで悩んでいる人が大勢います。しかし、欧米では、ほとんどの人が、わきがに対して悩んではいません。この理由は、人種によって、わきが体質の割合が異なるということが考えられます。

 

一般的に、黒人は、100%の割合でわきが体質と言われています。また、欧米人の割合は、80%といわれています。これに対して、わきがと言われる日本人は、約10%程度です。中国人は、3〜5%の人が、わきが体質とされています。

 

日本人は、体臭がない人が、多数の割合を占めているので、周囲のにおいが、特に気になるのかもしれません。欧米人の考えでは、体臭はあたりまえのことと認識されているので、気にする人はいないのです。

 

しかし、もし、ご自分がわきがであることに悩んでいるのなら、専門の医師に相談することをおすすめします。現代には、様々な治療法があります。わきがの手術を受けて、コンプレックスを解消していただきたいと思います。

ここでは、わきがの原因について、ご紹介したいと思います。ワキの下には、アポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺の3つの分泌腺が存在しています。においの原因のひとつは、エクリン汗腺から出る汗です。この汗は、スポーツをした時や、暑いときなどにかく汗で、人間の体の体温調整のために、必要な汗です。この汗の特徴は、粘り気がなく、さらっとしていて、99%が水分で、1%が塩分の汗であることです。

 

体中には、エクリン汗腺が約230万個もあります。そして、常に汗を分泌し、皮脂腺から出る皮脂と混ざり合うことで、皮膚をしっとりとさせています。この汗をかいた後、皮膚は、弱酸性に傾きます。そして、皮膚の常在菌の繁殖を抑えています。においの発生を防いでくれ汗は、エクリン汗です。

 

そして、もうひとつの汗は、アポクリン汗腺から出るものです。この汗腺は、わきの下、耳の中、性器の周辺、乳首のまわりなど、特定の場所に集っていることが特徴です。ここから出る汗は、エクリン汗とは違い、粘り気があります。この汗は、脂肪、色素、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできています。

 

汗そのものの臭いはなく無臭です。しかし、これらの成分をこの汗は皮膚の常在菌が取り込んで分解すると、わきが臭が発生することになるのです。色は乳白色で、汗じみや黄バミの原因となります。この汗が、わきがの原因になるものです

 

皮脂腺とは、汗腺ではありません。全身の皮膚に分布する腺組織で、皮脂腺は油脂成分を分泌しています。皮脂がたくさん分泌されると、脂肪分は細菌のエサになります。そして、細菌が増殖することが原因で、においが出るとも言われています。

日本には、わきがの臭いに悩んでいる方も、多くいらっしゃると思います。ここでは、わきがの予防について、お話したいと思います。

 

汗腺が太く大きくなる原因のひとつは、動物性脂肪を多く摂りすぎて、皮脂腺の働きが活発になることと言われています。皮脂腺から出る油脂成分は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を発達させ、わきがの臭いと汗の臭いを強くします。

 

欧米人の体臭が、日本人より強い原因の一つは、動物性脂肪の摂取量が多いことであると考えられています。さらに、タンパク質を過剰摂取すると、多汗の原因になります。タンパク質が肝臓内で分解されるとき、他の栄養素の約5倍の熱エネルギーが発生します。汗の原因となるものは、この熱です。肉類の摂取を控えることで、臭いと汗の両方を予防することが出来ます。

 

また、食生活を変えることでも、わきがのにおいを軽減させることが可能です。

 

■においを抑えるために気をつける食生活は、以下の通りです。

 

●アルカリ性の食品を中心とする。
●栄養のバランスを考え、なるべく多くの種類の食品を摂取する。
●ナトリウム、カルシウム、カリウムなどの緑黄色野菜や海草類で、ミネラル分を多く含んだ食品を摂取する。
●食事は規則正しくとるようにする。
●胃に負担をかけないようにして、腹八分目にとどめる。
●刺激の強い香辛料の入ったものや、ニオイの強い食品やなどはできるだけ避ける。
●塩分と糖分を控える。
●良質の植物性脂肪を選ぶようにする。

 

■以下のものは、わきがのにおいを強くさせることがあります。

 

●高タンパク、高脂肪の酸性食品。肉類や卵などを多く取り過ぎない。
●好きなものばかり食べる偏食。
●有害な添加物を含んだ食品。インスタント食品など。
●食生活が不規則である。
●早食いや大食いで胃に負担をかける。
●酒、タバコを好む。
●香辛料やニオイの強い食品などが好きで、塩分、糖分を多く取っている。

 

食生活を改善することで、わきがを少しでも予防できるように、心がけてみましょう

ここでは、わきがの臭いの悩みについて、お話したいと思います。わきがの症状で、一番困るのは、臭いだと思います。臭いが原因で、自分の好きな服が着られなかったり、積極的になれなかったり、また、結婚適齢期になっても、異性への接触に恐怖感を感じてしまうという人もいるかもしれません。

 

軽度のわきがであれば、わきの下を清潔に保ったり、生活習慣の見直しで、悩みはかなり解消されるでしょう。制汗剤や、細菌を繁殖させない薬などでも、臭いを解消することもできます。ドラッグストアの、様々なわきが対策商品を使ってみるのもいいでしょう。

 

しかし、それらの対策だけではカバーできないわきがの方もいらっしゃいます。その場合は、手術やレーザー治療などを受けてみてください。悩みを解決する糸口として、一度、専門医に相談されることをおすすめします。わきが治療を行っているクリニックは、数多くあります。自宅から近いクリニックで、直接不安に思っていることなどを相談してみてください。

 

自宅でできる臭い対策として、わきがの臭いを予防出来る殺菌石鹸の使用をおすすめします。わきがの臭いを予防するために大切なこととしては、まず、わきの下を、常に清潔に保つことです。石鹸にこだわりを持つことで、わきの下をさらに清潔を保つことができます。普通の固形石鹸やボディソープは、汗や汚れを落とします。ただし、清潔に保つ効果が短いのです。弱酸性や殺菌効果がある石鹸は、雑菌の繁殖を抑える作用があります。普通の石鹸に比べて、殺菌効果がある石鹸は、臭いを予防する高い効果が期待できます。

 

入浴の時に、毎日、殺菌効果のある石鹸を使えば、わきがの臭いを予防することが出来ます。しかし、入浴をし過ぎてゴシゴシ洗うのは、逆効果になります。1日1回を目安にしてください。

わきがのにおいと汗について、お話したいと思います。わきがではない人が、わきがの人の近くにいると、その臭いは、耐えがたいものです。しかし、わきがの臭いを発生させている本人は、気づいていないことが多々あります。その理由としては、わきがの人は、その臭いに鼻が慣れてしまっていることが考えられます。自分が臭っていることに気づかないため、わきがであることを知らない人も多くいます。

 

私たちが、その家に行くと、その家特有の匂いを感じることがあると思います。その原理と同じことです。わきがの臭いは、周りの人は気づきやすいものなのに、わきがという問題から、指摘がしにくく、自分がわきがだと気づけない人が多いことも現状です。ちょっと臭いがするかな?と感じたら、親しい人に、思い切って聞いてみることも、大事なことなのかもしれません。

 

わきがの原因となるのが汗ですが、汗には、良い汗と悪い汗の2種類があります。良い汗とは、エクリン汗腺から発汗される汗で、運動した時に出るものです。この汗自体の匂いはなく、わずかな塩分を含んでいます。わきがの原因となる雑菌の繁殖を抑制してくれる汗なので、多くの汗をかいても、全く問題はありません。しかし、悪い汗は、ベタベタしていて、ミネラルが含まれています。雑菌が繁殖しやすい汗で、これがわきがの原因となっています。

 

多汗症の場合、精神的な発汗によるものなので、エクリン汗腺から発汗される良い汗です。しかし、ミネラルを含んだ悪い汗が出る場合もあるので、その汗が嫌な臭いの原因を作っている可能性があります。全ての汗が、わきがの原因ではないことを理解して、良い汗と悪い汗があるということを知っておくことも大切です。

TOPへ