わきがの原因

ここでは、わきがの原因について、ご紹介したいと思います。ワキの下には、アポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺の3つの分泌腺が存在しています。においの原因のひとつは、エクリン汗腺から出る汗です。この汗は、スポーツをした時や、暑いときなどにかく汗で、人間の体の体温調整のために、必要な汗です。この汗の特徴は、粘り気がなく、さらっとしていて、99%が水分で、1%が塩分の汗であることです。

 

体中には、エクリン汗腺が約230万個もあります。そして、常に汗を分泌し、皮脂腺から出る皮脂と混ざり合うことで、皮膚をしっとりとさせています。この汗をかいた後、皮膚は、弱酸性に傾きます。そして、皮膚の常在菌の繁殖を抑えています。においの発生を防いでくれ汗は、エクリン汗です。

 

そして、もうひとつの汗は、アポクリン汗腺から出るものです。この汗腺は、わきの下、耳の中、性器の周辺、乳首のまわりなど、特定の場所に集っていることが特徴です。ここから出る汗は、エクリン汗とは違い、粘り気があります。この汗は、脂肪、色素、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできています。

 

汗そのものの臭いはなく無臭です。しかし、これらの成分をこの汗は皮膚の常在菌が取り込んで分解すると、わきが臭が発生することになるのです。色は乳白色で、汗じみや黄バミの原因となります。この汗が、わきがの原因になるものです

 

皮脂腺とは、汗腺ではありません。全身の皮膚に分布する腺組織で、皮脂腺は油脂成分を分泌しています。皮脂がたくさん分泌されると、脂肪分は細菌のエサになります。そして、細菌が増殖することが原因で、においが出るとも言われています。

TOPへ