わきがのにおいと汗

わきがのにおいと汗について、お話したいと思います。わきがではない人が、わきがの人の近くにいると、その臭いは、耐えがたいものです。しかし、わきがの臭いを発生させている本人は、気づいていないことが多々あります。その理由としては、わきがの人は、その臭いに鼻が慣れてしまっていることが考えられます。自分が臭っていることに気づかないため、わきがであることを知らない人も多くいます。

 

私たちが、その家に行くと、その家特有の匂いを感じることがあると思います。その原理と同じことです。わきがの臭いは、周りの人は気づきやすいものなのに、わきがという問題から、指摘がしにくく、自分がわきがだと気づけない人が多いことも現状です。ちょっと臭いがするかな?と感じたら、親しい人に、思い切って聞いてみることも、大事なことなのかもしれません。

 

わきがの原因となるのが汗ですが、汗には、良い汗と悪い汗の2種類があります。良い汗とは、エクリン汗腺から発汗される汗で、運動した時に出るものです。この汗自体の匂いはなく、わずかな塩分を含んでいます。わきがの原因となる雑菌の繁殖を抑制してくれる汗なので、多くの汗をかいても、全く問題はありません。しかし、悪い汗は、ベタベタしていて、ミネラルが含まれています。雑菌が繁殖しやすい汗で、これがわきがの原因となっています。

 

多汗症の場合、精神的な発汗によるものなので、エクリン汗腺から発汗される良い汗です。しかし、ミネラルを含んだ悪い汗が出る場合もあるので、その汗が嫌な臭いの原因を作っている可能性があります。全ての汗が、わきがの原因ではないことを理解して、良い汗と悪い汗があるということを知っておくことも大切です。

TOPへ