わきがの治療

わきがの治療法の種類についてお話したいと思います。わきがの治療法には、いろいろな種類があります。基礎知識をしっかりと学び、病院を選び、自分の症状に合った治療法を選んでください。

 

【わきがの治療法】

 

●手術療法
この治療法は、わきがの臭いの元となるアポクリン腺を取り除くものです。根本的に、治すには、この方法しかないと考えられています。手術によって、施術法は異なります。

 

●薬物療法
この治療法は、市販されている制汗薬や殺菌剤が含まれた種類の商品を使い、わきがの臭いを予防するというものです。薬を飲んで治療するのではありません。薬物療法は、一時的な効果が期待できますが、完全に治るわけではありません。わきがの症状が重度の方には、あまりお勧めできない方法です。

 

●ボトックス療法
この治療法は、ボトックスを注入して、エクリン腺から出る汗を一時的に止めるというものです。軽度のわきがの方や、多汗症とわきがを併発している方に効果的です。

 

このように、わきがの治療法の種類は、一つではありません。自分に合った治療方法を検討して、クリニックをよく探して、納得のいく治療を受けてください。解らないことなどは一人で考えずに、専門の医師に相談してみましょう。カウンセリングは、無料で行っているところもあります。

 

電話での相談や、インターネットを使ったメールの相談などもあるので、調べてみてください。顔が見えないので、女性の方は、メールの相談は、気持ちが楽かもしれません。いくつかのクリニックから、様々な話を聞いてみるのもいいと思います。

まず初めに、わきがの内服薬についてお話したいと思います。わきがの薬といえば、現在は、制汗剤など、外用薬が主流となっています。しかし、病院に相談すると、内服薬を処方してくれる病院もあるようです。

 

この内服薬は、全身の発汗を抑える作用のある薬です。しかし、副作用として、涙や唾液などの体液も、同時に減少してしまうということがあります。あまり、わきがの治療に適した薬ではないようです。

 

精神的な理由から多汗となってしまい、わきがを引き起こす場合の内服薬は、精神安定剤などが効果的であると言われています。しかし、眠気やだるさなどの副作用が出る場合もあります。内服する際は、運転が出来なかったり、仕事や勉強に集中出来ないなどの面もあるようです。

 

薬は外用薬でも内服薬でも、わきがの症状を一時的に抑える作用に過ぎないので、完治させるにはやはり手術を受けることをお勧めします。

 

わきがのレーザーシェーピング治療の方法ですが、これは、わきがの原因となるアポクリン汗線を、小さな傷跡で、的確に取り除くという治療法です。いろいろなわきがの治療法がありますが、このレーザーシェーピング療法の特徴は、傷跡が小さく済むので、おしゃれを楽しみたい女性の方には大変人気があります。

 

吸引しやすくするために、レーザーで、汗腺を燃焼して破壊します。4ミリ程度切開をして、そこからシェーピング治療器を挿入します。この方法で、汗腺を確実にそぎ落とします。切開部位が非常に小さく、傷跡もほとんど目立たちません。臭いや汗の原因である汗腺がしっかりと除去され、絶大な効果が期待できます。

 

この方法は、皮膚の合併症がおこるケースも少ないので、安全なわきがの治療法であると言えます。わからないことは、直接、クリニックに問い合わせて、聞いてみてください。

ボトックスにおいて行われる、わきが治療のメリットとデメリットについて、お話したいと思います。わきが治療をお考えの方、ボトックス注射で、わきが治療を受けるという方は、治療後に後悔がないように、メリットとデメリットの知識をしっかり頭に入れておきましょう。

 

■わきがを治すボトックス治療のメリット

 

●施術の時間が短いので多忙な人にお勧め
●周りの人に知られたくない方でも治療が可能
●ボトックスを注射で注入するだけの治療法なので、傷跡が目立たない
●ボトックス治療を受けた後でも、すぐに通常の日常生活を送ることができる

 

■わきがを治すボトックス治療のデメリット

 

●軽度のわきがの方に効果的とされる
●重度のわきがの方は、ボトックス治療だけ行ってもあまり効果は期待できない
●効果がある期間が永久的なものではない
●効果が切れた時には、再度ボトックス注射をしなければならない
●他の治療と比べて1回の治療費は低価格ですが、定期的に注射しなければならないので、総合的に考えるとボトックス治療は術代が高い

 

このように、ボトックス治療には、メリットとデメリットがあります。自分のわきがの症状をよく知った上で、治療を行うことが大切です。

 

わきがの手術に対して関心があっても、なかなか踏み出せず、不安感があるという人も、多いのではないでしょうか。そのような場合は、実際にわきが手術をした人の体験談を聞いて、投稿を読んでみることをお勧めします。

 

わきが手術の体験談については、インターネットなどで検索すれば、たくさん読むことが出来ます。体験談を読んでみると、ほとんどの人が、わきがが大きなコンプレックスになっていたということが分かると思います。わきがの手術をしたことで、精神的にも明るくなったという人が多く、コンプレックスから開放されて、人生が変わったという声が多数寄せられています。

 

手術が怖くても、カウンセリングを受けたただけで、気持ちが開放され、症状がやわらいだというケースもあります。

わきがの治療法における超音波法について、お話したいと思います。わきがの治療法の一つ、超音波法は、最先端の手術療法です。超音波法とは、数ミリ、わきの皮膚を開き、その部分から、超音波発生器を挿入するというものです。わきがの原因となっている皮脂腺、アポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除く治療法です。

 

従来のわきが治療の手術に比べると、超音波法は、切開する範囲が小さく、傷跡も残りにくいと言われています。超音波法のメリットは、体への負担を最小限に抑えることができるという点です。

 

忙しくて、なかなか時間がとれないという人、人に気づかれたくない人は、術後の回復が早いので、とてもお勧めなわきがの治療法です。また、従来のわきがの治療手術は、皮膚の下の組織を、根こそぎとり、毛根まで取るという方法でした。しかし、超音波法は、わき毛を残すことも可能です。手術を受ける前に、医師とよく話し合うことが大切です。男性の方も、安心して治療を受けることができるのが超音波法です。

 

わきがのボトックス治療とは、わきがや多汗症の治療に行われる治療法です。注射でボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注入します。3ヶ月から6ヶ月ほど、エクリン汗腺の活動を停止させる作用をもっています。このボトックス治療は、多汗症の治療にも効果があります。

 

わきがの臭いの原因となる汗線は、エクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺です。ですから、わきがの症状が重度の方は、あまり効果は期待できないようです。ボトックス注射は、汗を抑えることができますが、臭いを出すアポクリン汗腺の活動は変化しません。

 

軽度のわきがで悩んでいる方、わきがだけでなく、多汗症の症状がある方、メスを使った治療に抵抗がある方は、ぜひ試してみてください。

ホームページやチラシなどで、費用をチェックしてもらえば分かると思いますが、わきがの手術にかかる費用は、かなり高額です。わきが手術の費用が高額な理由は、ひとつは、保険が適用されないからです。しかし、一部の病院では、わきが手術の保険が適用されることもあるようです。保険が適用されるケースとは、メスで大きく皮膚を切開する手術で、切除法や切開剪除法のような手術の場合です。

 

上記にあげたような手術法なら、保険を適用しているクリニックがあります。しかし、上記の手術法で治療しても、保険が効かないクリニックもあります。手術を行う前に、料金については、しっかり確認するようにしてください。

 

わきがの治療を行う場合には、2種類の方法があります。その治療方法とは、自費治療と保険適応治療になります。治療費にかかる総額は、保険の適応で、負担金額が大きく異なってきます。具体的に例をあげると、切開剪除法でわきが手術を行った場合、保険が適用されると、3万円から5万円で手術が行えます。保険適応外になると、25万円から30万近くの費用がかかります。負担金額の差はここまで違ってきます。

 

なぜ、同じわきが手術なのに、病院によって、保険事情が異なるのでしょうか。それは、わきがの手術は、症状を治すものではなく、悩みを治すものと判断されてしまうからです。わきがの治療専門の美容外科などは、保険が適用外になってしまうのが現状です。わきが手術に掛かる費用を考えると、保険適用の病院や手術法を選択したくなると思います。しかし、保険適用外のわきが治療専門の病院は、手術や治療の経験値が高く、治療効果も高いという利点があります。治療費だけを重視するのではなく、まずは自分に合った病院を選ぶことを優先して、わきが治療を受けて欲しいと思います。

TOPへ