内服薬とレーザーシェーピング治療

まず初めに、わきがの内服薬についてお話したいと思います。わきがの薬といえば、現在は、制汗剤など、外用薬が主流となっています。しかし、病院に相談すると、内服薬を処方してくれる病院もあるようです。

 

この内服薬は、全身の発汗を抑える作用のある薬です。しかし、副作用として、涙や唾液などの体液も、同時に減少してしまうということがあります。あまり、わきがの治療に適した薬ではないようです。

 

精神的な理由から多汗となってしまい、わきがを引き起こす場合の内服薬は、精神安定剤などが効果的であると言われています。しかし、眠気やだるさなどの副作用が出る場合もあります。内服する際は、運転が出来なかったり、仕事や勉強に集中出来ないなどの面もあるようです。

 

薬は外用薬でも内服薬でも、わきがの症状を一時的に抑える作用に過ぎないので、完治させるにはやはり手術を受けることをお勧めします。

 

わきがのレーザーシェーピング治療の方法ですが、これは、わきがの原因となるアポクリン汗線を、小さな傷跡で、的確に取り除くという治療法です。いろいろなわきがの治療法がありますが、このレーザーシェーピング療法の特徴は、傷跡が小さく済むので、おしゃれを楽しみたい女性の方には大変人気があります。

 

吸引しやすくするために、レーザーで、汗腺を燃焼して破壊します。4ミリ程度切開をして、そこからシェーピング治療器を挿入します。この方法で、汗腺を確実にそぎ落とします。切開部位が非常に小さく、傷跡もほとんど目立たちません。臭いや汗の原因である汗腺がしっかりと除去され、絶大な効果が期待できます。

 

この方法は、皮膚の合併症がおこるケースも少ないので、安全なわきがの治療法であると言えます。わからないことは、直接、クリニックに問い合わせて、聞いてみてください。

TOPへ