超音波法とボトックス治療法

わきがの治療法における超音波法について、お話したいと思います。わきがの治療法の一つ、超音波法は、最先端の手術療法です。超音波法とは、数ミリ、わきの皮膚を開き、その部分から、超音波発生器を挿入するというものです。わきがの原因となっている皮脂腺、アポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除く治療法です。

 

従来のわきが治療の手術に比べると、超音波法は、切開する範囲が小さく、傷跡も残りにくいと言われています。超音波法のメリットは、体への負担を最小限に抑えることができるという点です。

 

忙しくて、なかなか時間がとれないという人、人に気づかれたくない人は、術後の回復が早いので、とてもお勧めなわきがの治療法です。また、従来のわきがの治療手術は、皮膚の下の組織を、根こそぎとり、毛根まで取るという方法でした。しかし、超音波法は、わき毛を残すことも可能です。手術を受ける前に、医師とよく話し合うことが大切です。男性の方も、安心して治療を受けることができるのが超音波法です。

 

わきがのボトックス治療とは、わきがや多汗症の治療に行われる治療法です。注射でボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注入します。3ヶ月から6ヶ月ほど、エクリン汗腺の活動を停止させる作用をもっています。このボトックス治療は、多汗症の治療にも効果があります。

 

わきがの臭いの原因となる汗線は、エクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺です。ですから、わきがの症状が重度の方は、あまり効果は期待できないようです。ボトックス注射は、汗を抑えることができますが、臭いを出すアポクリン汗腺の活動は変化しません。

 

軽度のわきがで悩んでいる方、わきがだけでなく、多汗症の症状がある方、メスを使った治療に抵抗がある方は、ぜひ試してみてください。

TOPへ