わきがの治療と保険

ホームページやチラシなどで、費用をチェックしてもらえば分かると思いますが、わきがの手術にかかる費用は、かなり高額です。わきが手術の費用が高額な理由は、ひとつは、保険が適用されないからです。しかし、一部の病院では、わきが手術の保険が適用されることもあるようです。保険が適用されるケースとは、メスで大きく皮膚を切開する手術で、切除法や切開剪除法のような手術の場合です。

 

上記にあげたような手術法なら、保険を適用しているクリニックがあります。しかし、上記の手術法で治療しても、保険が効かないクリニックもあります。手術を行う前に、料金については、しっかり確認するようにしてください。

 

わきがの治療を行う場合には、2種類の方法があります。その治療方法とは、自費治療と保険適応治療になります。治療費にかかる総額は、保険の適応で、負担金額が大きく異なってきます。具体的に例をあげると、切開剪除法でわきが手術を行った場合、保険が適用されると、3万円から5万円で手術が行えます。保険適応外になると、25万円から30万近くの費用がかかります。負担金額の差はここまで違ってきます。

 

なぜ、同じわきが手術なのに、病院によって、保険事情が異なるのでしょうか。それは、わきがの手術は、症状を治すものではなく、悩みを治すものと判断されてしまうからです。わきがの治療専門の美容外科などは、保険が適用外になってしまうのが現状です。わきが手術に掛かる費用を考えると、保険適用の病院や手術法を選択したくなると思います。しかし、保険適用外のわきが治療専門の病院は、手術や治療の経験値が高く、治療効果も高いという利点があります。治療費だけを重視するのではなく、まずは自分に合った病院を選ぶことを優先して、わきが治療を受けて欲しいと思います。

TOPへ