わきがの手術法の種類

わきがの手術法の種類について、お話したいと思います。わきがの手術には、様々な方法ありますが、大きく5つの種類に分けることができます。

 

■切除法
この手術は、汗腺、毛根、皮脂腺を切り取り、縫い合わせるという手術方法です。昔は、このわきが手術が多くありましたが、再発のおそれもあり、最近では、ほとんど行われない手術方法です。

 

■削除法
この手術は、皮膚の一部を切りとります。そして、器具をその部分に挿入して、汗腺と皮脂腺を削除するという手術方法です。

 

■剪除法
この手術方法は、皮膚を約3センチ切り取ってアポクリン汗腺を取り除く手術方法です。直接、目で確認しながら行います。剪除法は、手術の種類の中で、効果が最も高いと言われています。

 

■吸引法
この手術方法は、数ミリ切開した所に、器具を挿入します。そして、汗腺を吸引する手術方法です。

 

■超音波法
この手術方法は、皮膚に穴をあけて、そこに器具を挿入する方法です。超音波で汗腺を破砕して吸引する手術方法です。

 

このように、たくさんのわきがの手術方法があります。手術を行う際には、カウセリングをしっかり受けて、自分に合った手術や治療方法を選択するようにしてください。

 

また、自宅で出来るわきがの臭い対策として、みょうばんの消臭効果を簡単にご紹介します。みょうばんは、昔から食品添加物としてよく使われていました。安全で安価で手に入るものです。みょうばんは、消臭効果があるので、わきがの民間療法として、古くから使われていました。また、消臭だけでなく、肌を引き締め、汗を抑えてくれる作用もあります。

 

みょうばん自体は、粉状で売られていることが多いのですが、これを水で溶かします。消臭効果をわきがに上手に活用して、臭いのない、快適な生活を送ってください。

TOPへ