切開剪除法と皮下組織削除法

わきがの手術において行われる切開剪除法について、ご紹介したいと思います。

 

わきが手術の切開剪除法とは、わきの下を切開して、皮膚をひっくり返し、目で確認しながら、アポクリン汗腺を、直接排除するという手術方法です。直視しながら、アポクリン汗腺を排除する方法なので、取り残しの恐れが少ないとされています。切開剪除法は、わきが治療の中でも、かなり高い効果が期待できる手術法であると言えるでしょう。

 

しかし、この手術方法は、わきの下に切れ目を入れるので、必ず傷跡が残ります。さらに、アポクリン汗腺は、皮膚に近い位置にあるため、綺麗に取り除くには、医師の高度な技術が必要となります。ですから、切開剪除法の手術で、わきが治療を行う場合は、事前に、医師の技術があるかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。また、切開剪除法は、アポクリン汗腺だけを取り除きます。わきがと併用して、多汗症の症状がある方は、他の手術法を選ぶことをおすすめします。

 

わきがの手術において行われる、皮下組織削除法とは、約1センチ、わきの下を切開して、特殊なローラーと剃刀のような物がついた器具で皮膚をはさみ、皮下組織を移動させながら削除していくという方法です。この手術の特徴は、皮下組織にあるエクリン汗腺やアポクリン汗腺、皮脂腺の全てを、完全に取り除くことが出来ることです。皮下組織削除法のわきが手術は、この器具を使い慣れている医師が望ましいと言えるでしょう。特殊な器具を使用するので、技術や経験が豊富な医師を選んでください。

 

手術による傷跡は小さくてすみます。しかし、ローラーで皮下組織を全て削除するので、皮膚が薄くなります。また、この状態は、色素沈着しやすいために、入院が必要というデメリットも考えてください。しかし、皮下組織削除法は、エクリン汗腺まで削除することができるので、その効果は高いと言えます。

 

また、多汗症の治療効果も同時に望めます。男性にもお勧めで、わき毛もある程度残すことが可能なので、自分の症状を把握して、自分に合った治療方法を選ぶようにしてください。

TOPへ