PMR法と切除法

わきがの手術において行われる、PMR法とは、どのような治療なのでしょうか。

 

PMR法というわきが手術は、東京女子医科大学の若松信吾教授グループと、スキンクリニックの石井良典さんの共同開発によって開発された手法です。PMR法では、組織を取りやすくする効果も兼ねた麻酔をわきの下に行い、2つの種類の器具を使って汗腺組織を吸いだします。特殊な器具で、汗腺組組織の取り残しがないかを最後に確認します。そのため、わきが治療効果も高いと言われています。

 

現在、国内で主流に行われているわきが治療の手術でも、PMP法は、最も傷が小さいと言われ、大学病院でも、確実な効果を得られる手法として現在大きな注目を集めています。PMRの特徴は、手術中の体の負担が少なくすむこと、日帰り手術が可能で、回復が早いことです。また、わき毛の永久脱毛効果や、多汗症改善も可能です。そのため、わきがだけではなく、多汗症やわき毛に悩んでいる方にも、お勧めな治療方法と言えます。

 

わきが治療手術の一つである切除法とは、わきが治療手術の中でも、最も古くから行われている手術法です。現在では、ほとんど使用されていないのが現状のようです。切除法とは、わきの毛が生えている全ての皮膚を切り取る方法です。わきがの元となるアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺わき毛の全てを排除します。全てを取ってしまうので、効果は高いと考えられますが、下記のようなデメリットもあります。

 

わきの皮膚を切り取って縫い合わせる手術になるので、わきの下に、大きな傷跡が残ります。また、わきの下がひきつったり、腕のむくみなどを伴うケースがあります。酷くなると、運動障害などの後遺症が残るケースもあります。事前にカウンセリングをしっかりと行う必要があります。

 

もし、手術を受けるクリニックで、切除法での手術をすすめられたときは、メリットとデメリットについてよく確認をして、アフターケアについて、事前にきちんと話し合っておくようにしてください。

TOPへ