わきが手術の必要性とリスク

わきが手術の必要性とそのリスクについて、ご紹介したいと思います。

 

わきがの対処法は、サプリメントなどの薬、制汗剤を利用する、そして、いつも清潔にするよう心がけるなどの対処法があります。しかし、それらは、一時的な効果しか望むことができず、わきがを根本的に治すには、手術でわきがの原因を取り去るしかありません。わきが治療の手術の基本は、原因となるアポクリン汗腺を取り除くことです。しかし、メスを使うことが多いわきがの手術は、傷跡、再発、合併症、後遺症など、当然、リスクが伴います。

 

しかし、最近は、医学の進歩によって、再発や後遺症の心配も少なくなってきています。傷跡がほとんど残らない手術方法も多くなっています。今までは、わきがの手術に抵抗を感じていたという方も、手術という治療手段も、考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

 

わきがの症状が軽度から中度の方であれば、リスクが少ない吸引法や、超音波法の手術方法がおすすめです。あるいは、大きな傷を残したくないという考えであれば、この方法がいいでしょう。わきがの症状が重度の方は、リスクは多少上がりますが、メスで切開する手術を行うことが望ましいでしょう。

 

リスクを重視し過ぎると、わきがの症状に対して、治療法の選択を誤ってしまうこともあります。せっかく手術をして、治療を行っても、期待した効果を得られないこともあります。ですから、手術方法を選択する際は、医師としっかり話し合い、カウセリングを受けるようにしてください。長い間、悩んでいたわきがを治すのですから、自分が納得の行く方法を選んだ上で、手術や治療を受けて欲しいと思います。

TOPへ