わきが手術後の傷跡

わきがの手術後の、体質による傷跡の違いについてお話したいと思います。

 

わきがを根本的に治すための手術の方法は、わきの下の皮膚を切り、縫う手術を受ける必要があります。そのため、手術後は、傷跡が残ってしまうそうです。しかし、手術後の経過は、人によって異なります。また、傷跡の種類も異なるようです。わきがの治療手術した後の傷跡は、特殊な体質でなければ、白い痕となり、徐々に薄くなります。傷跡は目立ちにくいようです。

 

しかし、ケロイドになりやすい体質の方は、数ヶ月にわたって、痒み痛みを伴い、赤くはれ上がることもあります。さらに、ケロイドの症状が重い体質の場合は、手術後の傷跡が、どんどん広がってしまうこともあります。

 

このように、傷跡が治りにくい体質の方などもいるので、手術後の傷跡についてや、手術の方法など、事前にしっかりとカウンセリングを受けて、納得が行くまで医師と話し合う事が大切です。

 

それでは、わきが手術で傷跡が化膿するのを防ぐためには、どのように対処すれば良いのでしょうか。わきが手術を受けた後に、傷跡が化膿してしまう原因としてあげられることは、まず、メスを入れた部分に、細菌が侵入してしまうことです。細菌が侵入すると、皮膚に膿などの液体がたまり、患部の皮膚にダメージを与えることになります。そうなると、傷跡が治りにくくなってしまいます。

 

手術後の化膿を防ぐために、大切なことは、入浴した時に、患部を濡らさないように気をつけることです。また、汗をかいてしまう状況は、なるべく避けるようにしてください。わき毛の処理も、細菌が入りやすい環境を作ります。わきが手術の直後などは、処理を控えましょう。また、手術前には、わきの下を綺麗に洗って、化膿を防ぎましょう。

TOPへ