わきがの豆知識

ここで、わきがの遺伝について、お話したいと思います。わきがは、病気とは違い、体質的なものです。突然、病気のように、わきがになるのではなく、わきがの遺伝を持っている人が、わきがになるということです。このように、わきがは、遺伝するものであると考えられます。

 

わきがは、遺伝の中でも、優性遺伝と言われ、遺伝しやすい傾向にあります。子供にわきがが遺伝する可能性は、父親か母親の片方がわきがの場合は、5割と言われています。両親ともにわきがの場合は、遺伝率が高く、約8割が遺伝すると言われています。

 

わきがの遺伝は、発病するのに個人差があります。早い人では、小学生ぐらいから、わきがの症状が出ます。20代後半になってから、わきがの症状が出たという人もいるので、発病は人によって様々です。親がわきがである人の場合、遺伝して、自分もわきが体質になっている可能性が高いと考えられます。ですから、早めの治療を行うことをお勧めします。

 

わきがは、女性の方がなりやすいと言うのは、女性はわきがになりやすい体質だからです。わきがというと、中年の男性がなるイメージを持つ人も多いかもしれません。

 

女性は、男性に比べて、臭いに敏感です。男性に比べて、女性はわきがの原因となるアポクリン汗腺の数が多く、その汗腺の活動も、ホルモンの関係上活発です。皮下脂肪も、女性の方が溜まりやすいと言われています。皮下脂肪は、アポクリン汗腺や、皮脂腺を刺激する作用があり、わきがの原因である汗が出ます。そのため、汗腺が活性化されるのです。

 

女性は、男性に比べると、わきがになりやすい体質であるということが、おわかりいただけると思います。

ここでは、子供のわきがについて、ご説明したいと思います。

 

わきがの原因となるアポクリン汗腺自体が、子供の場合、活動していません。そのため、これまでは、子供はわきがと無縁と考えられていました。

 

しかし、昔の子供に比べて、現代の子供は、発達が良くなっています。そのため、わきがの発症も低年齢化しており、最近では、小学生の子供であっても、わきがになる症例が上げられています。特に、わきがの発生率は、女の子よりも、男の子の方が高くなっていると言われています。小学校の高学年は、異性の目やファッションなど、極端に気になる時期です。いろいろなことに敏感になる時期です。そのため、わきがに対しても、正しい知識を得ることが大切であると言えるでしょう。

 

子供のわきが対策として、最も大切なことは、毎日の入浴です。元気な子供は、冬でも活発に動き、温かい場所では、大量の汗をかいてしまいます。汗を放置しておくと、殺菌が繁殖して、わきがの臭いも強くなります。そのため、毎日お風呂にしっかり入ることが大切です。特に、わきの下は、スポンジを使い、石鹸をよく泡立てて、しっかり洗うようにしましょう。夏でも、シャワーだけでなく、湯船で体を温めるようにしましょう。わきが対策に効果があります。

 

その他にも、菌の繁殖を防ぐ薬や制汗剤などが市販されています。また、わきがの手術は、小学生でも受けることが可能です。ただし、手術法によっては、受けられる手術と、受けることができない手術があります。専門医に相談して、きちんとしたカウセリングを受けることをおすすめします。ご両親が、子供の気持ちや体のことを、深く理解してあげることが、1番大切なことです。

わきがと多汗症の違いについて、ご説明したいと思います。

 

多汗症とは、汗の腺の一種であるアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多い症状のことを言います。多汗症は、2種類に分けることができます。一つは、特殊な病気の症状、もう一つは、生理的な治療の必要がない多汗症です。

 

汗を、何ミリリットル以上かくから多汗症ということはありません。緊張しやすい人は、よく汗をかきます。太った人は、仕事や運動で軽く体を動かしただけでも、たくさん汗をかきますこれは、異常なことではなく、生理現象なのです。体にとっては、必要な汗なので、心配することはありません。

 

一般的に、男性は、女性より汗かきの人が多く、男性ホルモンには、汗腺の機能を高め、発汗を促進する作用があるとされています。多汗症は、ワキの下に限らず、手足や顔にも起こります。また、多汗症の人全てが、臭いを発するわけではありません。

 

ここで、自分はわきがなのかどうかをチェックしてみましょう。次の項目にあてはまる数が多い方は、わきがである可能性があります。

 

●汗をかきやすい
●比較的毛深い
●日々のストレスがたまりやすい
●脱いだ靴下や靴の臭いがくさい(気になる)
●どちらかといえば、あぶら性だと思う
●家族や親戚にわきがの人がいる(特に祖父母)
●野菜が嫌いで肉類が好き
●お酒は好きで良く飲む
●油っぽいものをよく食べる
●洋服のわきの下に黄ばみができることがある
●香水などをたくさんつける
●耳垢が湿っている

 

自分のにおいは、自分ではなかなかわからないものです。わきがであるかどうか、チェックしてみた結果はどうでしたか?少しでもわきがかもしれないと不安に感じるのであれば、一人で悩まず、専門の医師に相談してみることをおすすめします。

わきがは、うつる病気ではありません。わきがの人と洋服の貸し借りをしたら、わきががうつると言う話を、聞いたことはありませんか?わきがは、うつる病気ではないので、そのような心配は全くありません。わきがの原因の知識が、みなさんにあれば、分かることですが、わきがとは、わきの下にあるアポクリン汗線から分泌される汗が原因の症状です。わきがは、体質的なもので、体組織の一部分が原因であると言われています。

 

水虫や風邪のように、触れたからうつるということは、絶対にありえません。ホルモンの活動が活発になる思春期の頃が、わきがが発症しやすい時期です。この時期の、服の貸し借りが、この噂の真相ではないかと思われます。わきがは、体質や遺伝的なもので、感染症ではないという知識を、みなさんが持つことが大切です。

 

ここで、わきがの自己診断をしてみましょう。わきがの臭いは、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。早めの臭い予防策をたて、わきがと上手に付き合って行くことが大切です。

 

■わきがの自己診断方法

 

初めに、わきにガーゼを挟みます。そのガーゼを、密閉容器に入れて、部屋を換気して、一度部屋を出ます。再び部屋に入ったら、ガーゼの入っている容器をあてください。そして、また外に出ます。4〜5分後に、部屋に入室して、部屋のにおいを調べてください。重度のわきがの人は、部屋に入ったとたんに臭います。中度のわきがであれば、ガーゼに直接鼻を近づけると臭う程度です。軽度のわきがの人は、あまり臭いを感じないでしょう。

 

中度以上のわきがの人は、医療機関で、わきがの診断を受けることをおすすめします。予防策を検討して、周囲に気を使うことのない毎日を送って欲しいと思います。

わきが予防のための脱毛法について、ご紹介したいと思います。わきがの臭いの予防には、脱毛が効果的であるとされています。

 

わきが特有の嫌な臭いの要因に、わき毛が関係しています。この毛を脱毛することによって、臭いを、ある程度予防することが可能です。わき毛の手入れをしないでいると、わき毛でアポクリン汗や皮脂が絡み合い、細菌が繁殖して、臭いを加速させてしまいます。臭いの発生元でもあるわき毛は臭いを、周囲に発散させてしまうのです。

 

しかし、間違った脱毛方法は、わきがを悪化させてしまう危険性があるので、注意が必要です。自己処理で、わき毛を脱毛する場合、絶対にしてはならないことは、毛抜きを脱毛に使用することです。強引に毛抜きでわき毛を引っ張ってしまうと、毛穴の皮脂腺やアポクリン汗腺に、過剰な刺激を加えることになってしまいます。そのため、汗の分泌が活性化してしまう恐れがあります。

 

わき毛を自己処理する場合は、一番肌に負担をかけにくい、レディスシェイバーがおすすめです。また、クリニックで、わきがの臭いを予防するための脱毛をする場合は、レーザー脱毛をお勧めします。レーザー脱毛は毛穴をあまり刺激しません。不安な場合は、専門の医師に相談してください。レーザー脱毛の効果としては、わきの色素沈着を薄くする作用があります。色素沈着は、多汗症やわきがの人に多い症状です。

 

脱毛することで、わきがが完治するわけではありません。しかし、臭いを予防することは可能です。根本的な治療法にはなりませんが、清潔にしておくことがとても大切です。間違った脱毛法が、わきがの症状を悪化させてしまうということが、わかっていただけだかと思います。正しい脱毛法で、女性の美しさを手に入れましょう。

「すそわきが」について、お話したいと思います。このすそわきがとは、下わきが、しもわきがとも呼ばれています。下半身のデリケート部分(陰部)や、おヘソの周り、乳首から、わきが特有の臭いを発生させる症状のことを言います。わきの下だけに、わきがの原因となるアポクリン汗腺があると思っている方も多いと思います。しかし、下半身のデリケート部分や、乳首などにも、アポクリン汗腺は存在します。このアポクリン汗腺が原因で、すそわきがになってしまうのです。

 

アポクリン汗腺が、すそわきがの原因であるため、わきが体質の人は、すそわきがにもなりやすいと言われています。中には、わきがの症状が全くないという人でも、すそわきがの症状がある人もいます。ですから、わきが体質でない人も注意が必要です。

 

すそわきがかどうかを自分でチェックすることは可能なのでしょうか。デリケートゾーンの下半身の臭いが気になる方は、自分がすそわきがなのかどうか気になると思います。しかし、すそわきがだと正確に診断するには、専門家でも難しいと言われています。わきがの場合は、わきの下のアポクリン汗腺の大きさは、イクラの粒ぐらいですので、はっきりと肉眼でチェックすることが可能です。しかし、すそわきがの場合は、はん痕化しているので、肉眼では確認できないのです。

 

また、デリケートゾーンからの臭いは、すそわきがとは別の原因で臭うこともあります。間違ったチェック法や自己判断で診断するのは控えましょう。必ず、医療機関できちんと相談して、診察してもらうことをお勧めします。

”わきが”をキーワードにして検索をかけてみると、たくさんのブログがヒットします。わきがに関してのブログが多いのは、それだけ、わきがで悩んでいる人が多くいると言うことを意味しているようです。いろいろな情報や知識を得るためには、ブログや掲示板を上手に利用して、いろいろな人の体験を参考にして欲しいと思います。

 

ブログは編集や更新がしやすいので、最新の情報が、いち早くアップされています。わきがに関しての知識や情報を得る場合は、ブログを上手に利用したり、情報提供しているサイトを、こまめにチェックするのもおすすめです。

 

また、ブログの中には、わきがに関しての医療行為を受けた体験談や、基礎知識などを掲載しているものが、多くあります。わきが対策の薬や手法に関しての記事も載っているので、ブログはとても参考になると思います。また、掲示板では、わきがについての悩みを相談したりすることも出来ます。わきがの悩みは、友達や家族など親しい人にも、なかなか相談しにくいものです。誰にも相談できずに、間違った治療や、わきがの改善策を自己流で行ってしまうと、症状が悪化してしまうケースもあります。

 

知人に相談しにくい悩みは、一人で悩まずに、掲示板を使って、相談して欲しいと思います。掲示板では、匿名で悩みを相談することが出来ます。知りたかったことや、なかなか聞くことが出来ない恥ずかしいことまで、なんでも相談してください。

 

また、わきが治療クリニックの情報交換などの掲示板も、有効に使うことが出来るでしょう。この時、注意しなければならないことは、匿名であるということで、ひやかしや、嘘の情報なども、掲示されてしまう可能性があることです。その点を注意して、わきがについての掲示板やブログを活用して頂きたいと思います。

プチ整形をすることによってわきがや多汗症を治療するためには、色々な方法があります。完全摘出法もそのひとつです。完全摘出法をおこなう場合には、気になる傷口は2〜3センチくらいあります。この完全摘出法をもちいる場合は、完全に臭いを取りたいという方にお勧めです。湘南美容外科では10年間の経験とノウハウを活かして改良しました。

 

そして、開発された究極のわきが・多汗症手術が完全摘出法なのです。固定が48時間で抜糸が1週間後、そして一生涯保証となっています。完全摘出法の治療時間は1時間〜1時間半くらいです。完全摘出法は次のような方にお勧めの方法です。例えばすでに一度手術をされていて再発された方や極限まで汗と匂いを減らしたい方におすすめです。

 

完全摘出法の場合は、だいたい約2〜3センチの傷口からわきが・多汗症の治療を完璧に行っていきます。そしてドクターの直視下でひとつひとつ丁寧にエクリン腺やアポクリン腺を取り除いていきます。湘南美容外科では他院にはない、安心保証(保証書発行)があります。湘南美容外科で完全摘出法を行った患者さんにたいしては、一生涯再発したときの保証をおこなっております。

TOPへ