女性のわきが

ここで、わきがの遺伝について、お話したいと思います。わきがは、病気とは違い、体質的なものです。突然、病気のように、わきがになるのではなく、わきがの遺伝を持っている人が、わきがになるということです。このように、わきがは、遺伝するものであると考えられます。

 

わきがは、遺伝の中でも、優性遺伝と言われ、遺伝しやすい傾向にあります。子供にわきがが遺伝する可能性は、父親か母親の片方がわきがの場合は、5割と言われています。両親ともにわきがの場合は、遺伝率が高く、約8割が遺伝すると言われています。

 

わきがの遺伝は、発病するのに個人差があります。早い人では、小学生ぐらいから、わきがの症状が出ます。20代後半になってから、わきがの症状が出たという人もいるので、発病は人によって様々です。親がわきがである人の場合、遺伝して、自分もわきが体質になっている可能性が高いと考えられます。ですから、早めの治療を行うことをお勧めします。

 

わきがは、女性の方がなりやすいと言うのは、女性はわきがになりやすい体質だからです。わきがというと、中年の男性がなるイメージを持つ人も多いかもしれません。

 

女性は、男性に比べて、臭いに敏感です。男性に比べて、女性はわきがの原因となるアポクリン汗腺の数が多く、その汗腺の活動も、ホルモンの関係上活発です。皮下脂肪も、女性の方が溜まりやすいと言われています。皮下脂肪は、アポクリン汗腺や、皮脂腺を刺激する作用があり、わきがの原因である汗が出ます。そのため、汗腺が活性化されるのです。

 

女性は、男性に比べると、わきがになりやすい体質であるということが、おわかりいただけると思います。

TOPへ