わきがと多汗症の違い

わきがと多汗症の違いについて、ご説明したいと思います。

 

多汗症とは、汗の腺の一種であるアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多い症状のことを言います。多汗症は、2種類に分けることができます。一つは、特殊な病気の症状、もう一つは、生理的な治療の必要がない多汗症です。

 

汗を、何ミリリットル以上かくから多汗症ということはありません。緊張しやすい人は、よく汗をかきます。太った人は、仕事や運動で軽く体を動かしただけでも、たくさん汗をかきますこれは、異常なことではなく、生理現象なのです。体にとっては、必要な汗なので、心配することはありません。

 

一般的に、男性は、女性より汗かきの人が多く、男性ホルモンには、汗腺の機能を高め、発汗を促進する作用があるとされています。多汗症は、ワキの下に限らず、手足や顔にも起こります。また、多汗症の人全てが、臭いを発するわけではありません。

 

ここで、自分はわきがなのかどうかをチェックしてみましょう。次の項目にあてはまる数が多い方は、わきがである可能性があります。

 

●汗をかきやすい
●比較的毛深い
●日々のストレスがたまりやすい
●脱いだ靴下や靴の臭いがくさい(気になる)
●どちらかといえば、あぶら性だと思う
●家族や親戚にわきがの人がいる(特に祖父母)
●野菜が嫌いで肉類が好き
●お酒は好きで良く飲む
●油っぽいものをよく食べる
●洋服のわきの下に黄ばみができることがある
●香水などをたくさんつける
●耳垢が湿っている

 

自分のにおいは、自分ではなかなかわからないものです。わきがであるかどうか、チェックしてみた結果はどうでしたか?少しでもわきがかもしれないと不安に感じるのであれば、一人で悩まず、専門の医師に相談してみることをおすすめします。

TOPへ