わきが新着情報&ニュース

わきがは、わきの下にあるアポクリン腺とよばれる汗の出る腺から分泌している汗の一種が細菌などに汚染されてしまいくさい臭いを放つ症状の事をいいます。わきがのにおいは、鼻をつくような不快な臭いをもっており。医学的にいうと「臭汗症」や「腋臭症」と呼ばれています。ワキの下には、エクリン汗腺、皮脂腺、アポクリン汗腺とよばれる分泌腺があります。わきがの臭いは腋の下にあるアポクリン腺という汗腺から出た汗に含まれている脂肪酸が皮膚の表面にある常在菌が混じり合って発生しるそうです。

 

アポクリン汗腺というものは、ホルモンの分泌が盛んになる「思春期」のころから活動をはじめるため、この時期にわきがの症状が現れる方が多いようです。またアポクリン腺以外にも、もうひとつの汗腺からもその臭いの発散が関わってくるそうです。実は、欧米人の約8割がわきがの体質をもっています。それに対して日本人は1割未満と少いようです。民族ごとにわきがの体質の比率をみてみると、一般的に黒人が100%で欧米人が70〜90%、日本人が10〜15%、中国人3〜5%というように言われています。

 

わきがは肉食中心の食説カツで高カロリー、高脂肪食の民族であるほどわきがの体質の人の割合が多いようです。その理由としてあげられうのは食文化の違いが大きく影響しているようです。本来、欧米人は狩猟民族です。そして東洋人は農耕民族になっています。狩猟民族は動物性のタンパク質や脂肪分などを摂取しており、農耕民族は作物などからタンパク質や脂肪分を摂ってきました。このような歴史から長い年月をかけて体質の違いが確立されていき体臭に影響を与えることになったと考えられています。

もしかしたら、自分自身がわきがなのではないか!?と考えてみたことがある人は意外と多いはずです。夏の場合だと、ちょっと外出するだけでも汗をかいてしまうので身だしなみの基本として、気になるのはやはり汗臭さですよね。体臭は男性が気になるポイントでも上位にくるようです。その中でも、わきがに注目したいのですが、わきの臭いは欧米の場合ですとある程度は普通の生理学的現象と考えられており、特別なことではないようです。けれどももともと体臭の少ない日本人の場合は、古くから問題視されており、その程度によっては必要以上に嫌悪感を持たてしまうことも事実なのです。わきがに関する基本的な知識と効果的な治療法をしっておけば気になる臭いを攻略することができるかもしれませんよ!

 

そもそも「わきが」の正体というものは、アポクリン汗腺がふつうよりも多くて働きが活発なのもののようです。わきがというものは、文字通りわきの下から出てくる特有の強い臭いのことで、いわゆる汗臭さとは異なります。わきがの直接的な原因は、アポクリン汗腺からでる汗の影響によるもので、アポクリン汗腺は、主にわきの下や性器の周辺に存在しており、組織そのものが毛穴と直につながっていますのでわき毛の濃い人ほどその危険性が高くなると言われています。

 

また、人間の汗にはもう1つの種類の汗があります。それはエクリン汗腺からでる汗です。エクリン汗腺のほうは一般的な汗腺なので身体全体に分布しており、汗自体もほとんどが水分です。たとえば暑い時や運動をした時などに背中からじっとりでてくる汗や額から流れてくる汗はエクリン汗腺によるものです。こちらの場合はわきがの臭いとは関係ありません。ただ、大量の汗をかいたまま放っておいてしまうと皮脂や空気中の雑菌などに反応してしまい汗臭さの原因になってしまいます。

実はわきが体質をセルフチェックすることもできます。自分のニオイというものは自分では気がつきにくいものですよね。また我々日本人の性質をみてみると他人からはなかなか教えてはくれません。そういった場合にもし、自分はワキガかもしれないと思ったら、次の項目をチェックしてみましょう。まずはじめにチェックすることは耳あかが湿っているのかどうかです。アポクリン汗腺は耳のなかにもたくさん分布しています。そのため、アポクリン汗腺からでている分泌物が多いと耳あかが湿った感じになってしまいます。耳あかが湿っている方たちの約75%を締める割合がワキガの体質である可能性が高いようです。

 

次にわき毛の量が多いのかどうかを確認してみましょう。アポクリン汗腺と皮脂腺の分泌液というものは毛穴を通って皮膚の表面に出ています。そのためわき毛などの体毛が濃い人の場合はこれらの腺の数も多いと考えられているようです。他にも下着に黄色いシミができるかどうかを確認してみましょう。アポクリン汗腺の汗に含まれている脂肪やタンパク質、鉄分、色素などは衣服についてしまうと黄色い汗染みの原因となってしまいます。そのため汗染みができやすいという人はアポクリン汗腺の数や分泌量などが多いと考えられています。

 

最後に家族にわきが体質の人がいるのかどうかを確認してみましょう。アポクリン汗腺の数や大きさなどは遺伝があり、左右されることがわかっています。両親のどちらかがワキガの場合には子どもに遺伝する確率をみてみると約50%です。両親の二人ともワキガ体質の場合ですと75%の確率で遺伝することがわかっています。両親ともワキガではない場合で本人がワキガの場合は、祖父母にワキガ体質の人がいるかもしれません。

効果の高い最新のわきが治療法は、ボトックス注射から完全抽出法がよいみたいです。ボトックス注射の場合は、12cm×5cmの範囲に10箇所くらいの印を書いて目安にしてボトックスを注入していきます。注入するに使用する針は高画素数のカメラでも撮りにくいほどとても細い極細針をつかいます。

 

ボトックス注射は、一番ポピュラーな治療法でわきの下にボトックスを注入することによってエクリン汗腺の活動を抑さてくれて汗の分泌が最大で約8割くらい減ったという結果がでています。汗の分泌が減ることによって臭いも軽らすことができ、汗腺を取り除くわけではないためその効果は永続的なものではないのですが、半年位の間は汗の量を抑えることができます。

 

ボトックス注射にかかる治療時間も約5分くらいと簡単です。完全摘出法は、湘南美容外科で10年間のわきが治療経験とノウハウを活かして開発そして改良されたわきが・多汗症手術のことです。完全摘出法の場合はアポクリン汗腺自体をすべて摘出するため、わきがの根本的な原因をきちんと取り除くことが可能です。

 

その効果も一生涯続くため悩みの種だったわきがを完治させることを希望するかたにはおすすめの方法です。ただし、この方法の場合はわき毛が少なくなることと、手術跡がすこし残ることがわかっています。

ワキガを対策するためには普段の生活をおくるうえで予防や対策するためのグッズを利用してみてもよいとおもいます。ワキガグッズは色々なものがありますので自分にあったものをつかってみるとよいのではないでしょうか。たとえばパーフェクトデオドラントセットというものがあります。ミョウバンせっけんとミョウベンスプレーのセットで2.604円です。ミョウバンは古代のローマ時代から日常的につかわれていたものです。世界でも最古のデオドラント剤といえますよね。消臭効果や安全性などは古くから使われいたことによって照明されているようです。

 

ミョウバンせっけんとスプレーを一緒につかうことによって一日中、体臭を抑えることも可能なようです。ワキガのかたに人気の商品でリピート率もたかいようですよ。このパーフェクトデオドラントセットは新聞や雑誌などでも紹介されている人気の商品です。ミョウバンせっけんとミョウバンスプレーは別々に購入することもできますよ。このセットには消臭と抗菌作用をもつハーブやペパーミントを配合している協力なエクストラシリーズもあります。とくにワキガなどの体臭が気になるというかたは強力なシリーズのほうをつかってみてもよいかもしれませんね!

 

ほかにもクリーンムース デリケートソープという商品があります。ベルマン化粧品アメニックスで価格はちょっとたかめで7.000円をこえます。クリーンムースはデリケートゾーンを専用としている化粧石鹸でゲルを主成分としており弱酸性でマイルドな天然成分をつかってつくられています。デリケートゾーンのほかにもワキガに使うこともできます。

ワキガ手術体験レポート(http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/2236/)には、イルカさんのワキガ手術体験が綴られています。これからワキガの手術をしてみたいなと思っているかたは一度、ウェブサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。イルカさんは小学校の頃からワキのニオイに悩んでいたそうです。制汗剤をつかうとそのときはニオイを抑えることは可能なようですが、洋服にニオイがしみこんでしまうともうだめみたいですね。

 

運動がすきでも汗を気にしてしまい思いっきり運動することもできなかったみたいです。イルカさんは2002年の秋にワキガの手術をうけたようですが、手術をきめるまでから手術の当日、翌日、最初の抜糸、最後の抜糸、二週間後、三週間後、1ヶ月後、2ヶ月目、3ヶ月目、半年後、1年後、1年半後というように体験談が掲載されています。

 

またクリニック別の治療方法なども紹介されていますので、自分がワキガだけど友達には相談するのははずかしいし、でも何かしらの情報が欲しいとおもっているかたは参考にしてみてはいかがでしょうか。ただ個人の体験談なのでかならずしも自分にもあてはまるとは限りません。そのことを念頭にいれてから体験談を呼んでみてくださいね!

ワキガの超音波治療にかかる手術時間ですが、掻き取る手法を用いる外科治療の場合は組織を傷つける可能性が高いだけですし手探り且つ慎重におこなうため施術時間がかかります。そういったことから身体にかかる負担も大きくなってしまいます。 けれども超音波法をもちいれば超音波を患部に当てるだけなので簡単です。汗腺類を狙い撃ちできる方法なので、短時間で手術を終えることができますよ。個体差もありますが、一般では両脇で30分前後でわきが・多汗症治療を終えることができます。

 

後遺症とは、術中に細胞組織を傷つけられ出血することによって起こります。手探りで汗腺類を掻きだす術法の場合はたくさんの皮下組織を傷つけてしまいます。その結果として後遺症が残る結果となってしまいます。しかし超音波法をもちいればターゲットを絞った周波数を出すことによって血管組織などを一切傷つけることなく汗腺類のみを破壊することができます。そのため後遺症の心配はほとんどないといえるでしょう。

 

本来のわきが・多汗症治療では、長めの皮膚切開や数箇所の皮膚切開が必要とされたいました。そのためにかなり目立つ傷跡が残ってしまいました。超音波治療による施術ですと皮膚に穴を開けるくらいの切開しかおこなわないため傷跡がほとんど残りません。安全のために一針の縫合をおこないますが、吸収糸を使用するため目に付くことがありません。

超音波法でワキガの治療をおこなう場合には手作業で汗腺類を取り除く手法とは違って特別な周波数が汗腺類のみを識別して破壊させてくれます。再発すると言われる従来の手法の場合には取りこぼしをしてしまった汗腺が原因で再発してしまうといってもよいでしょう。けれどもこの超音波治療法であれば取り残しがないためほぼ100%除去することができます。また、破壊された汗腺類は再生することがないので再発を防いでくれます。

 

汗腺類を掻きだす治療法を施された場合には脇毛が薄くなってしまうことがあります。けれども超音波治療では、特に男性の方でわきがを治したいけれども毛は残したいと言う方の要望に応えることは可能なのです。周波数を調節することによって汗腺類のみを破壊したりできますし。汗腺類と毛根すべてを破壊することも選択できるのです。ただ、超音波法は基本的に汗腺類を破壊することを目的としているため完全に脱毛することも希望するのであれば表皮からのレーザー治療を行なったほうがよいでしょう。

 

超音波治療法の場合は、汗腺類以外の組織を損傷しないので身体へのダメージがほとんどないといえます。そのため手術をしてからもすぐに日常生活に戻ることができます。もちろん入院もありません。通常の場合には手術の後は通院しなくてはなりませんが、この治療法であれば病院に経過を見せにいかなくてもよいのです。会社や学校を休まなくてもよいですし術後の通院のわずらわしさもないため1日限りのわきが・多汗症治療といえます。

わきがの外科的な治療法としては皮下組織吸引法というものがあります。太ももや腹部などの脂肪を吸引しその箇所を引き締めると言ったダイエット法がありますが、皮下組織吸引法は、この方法を応用したものです。脇下皮膚に小さな穴を開けて細い管を通して、そこから汗腺類を吸い取ります。この方法は術後の傷跡がほとんど残らなくて回復も早いため、いろいろな病院でわきが・多汗症治療法として採用しています。しかし、やみくもに吸引を行なわなければいけないため、完全に汗腺類を吸い取ることはとても難しいようです。

 

ほかにも皮下組織削除法という方法があります。この方法は脇下から1センチほどの切皮場所へと専用器具を挿入して鋭刃は皮膚下にあててローラーは皮膚上にあてます。皮膚を挟むように移動させながら汗腺類を含んでいる皮下組織をそぎ取る方法です。この専用器具は高度な技術を必要としていますが上手におこなえば取り除きにくい皮脂腺やエクリン腺までもそぎ取ることができます。

 

けれども、脇下に数箇所の傷跡が残ってしまい皮膚を薄く削るため黒ずみが残りやすいため注意が必要です。術後は数日の入院が必要となります。また1週間ほど脇を固定してなくてはいけません。わきがの外科的な治療方法を考えているかたは参考にしてみてはいかがでしょうか。

わきがの外科的な治療法には皮下組織掻爬法という方法もあります。この皮下組織掻爬法は脇下に小さな切開を施してその穴からスプーン形をしたキューレットと呼ばれる術器を挿入します。それから汗腺類を掻きだすといった方法が皮下組織掻爬法なのです。ほとんど皮膚を切らないため傷跡は残りませんが、あらゆる方向に脇下の皮膚裏を引っ掻いてしまうために周辺の組織まで傷つける場合もあります。そのために術後回復の遅れを恐れてしまうため汗腺類を取り残してしまうことも多いようです。わきがを抑える外科治療法としては、あまり効率的ではないかもしれません。

 

剪除法は脇下に切込みを入れて皮膚を裏返しにして、アポクリン汗腺を一つ一つ切り取っていくという方法です。この剪除法は切除法とは違って皮膚の引きつり感はないですが、傷跡はもちろん残ってしまいます。この外科治療は熟練の技術と時間が必要となりアポクリン汗腺を一つ一つ丁寧に除去していくためわきがには効果的といえます。 しかし、エクリン汗腺はアポクリン汗腺よりもはるかに小さくて皮膚表面に最も近い位置に存在しているため皮膚を切開して裏返しをしたとしても見えにくくて取り除けないため多汗症を軽減することは、ほとんど不可能なようです。

 

切除法の場合はわきが・多汗症治療としては最も古い方法なのですが、切除法は脇下の毛が生えている一帯の皮膚を切り取ることによって汗腺類と脇毛をすべて排除します。そのためにわきがの原因を全て除去することができます。けれども切除する範囲が広いため、周りの皮膚を引っ張りながら寄せ集める縫合となってしまいます。傷跡が大きい点が指摘されています。切除法は完治するまでに2週間はかかると言われており、腕のむくみや皮膚の引きつり、そして運動障害などの後遺症がリスクとして伴ってしまいます。

ワキガを改善しようとしたときに方法としてはエステ式治療法もあります。たとえばインフォレーゼ法という方法です。これはエステにおいて、永久脱毛よりもワキガを軽減させることに重点を置いた方法のことでホルマリンの電極性を利用してホルマリン漬けのガーゼを脇に押し当てて電流を流していき、アポクリン汗腺口を閉じることによってワキガを抑えるといった方法です。現状は、他のエステで使われている永久脱毛兼わきが治療方法と同じように汗腺類を破壊するには至っていません。そのため再発するケースが目立つようです。インフォレーゼ法の場合はわきが臭を抑えられる期間は2週間から3週間程度だと言われています。

 

ほかにも電気凝固法という方法があります。電気分解法と同じようにエステで使われる脱毛法のことです。これは毛根より少し離れた位置に針を刺して高周波電流を流すことによって毛根を固めて毛を抜きます。アポクリン汗腺や皮脂腺も同じように高周波電流で破壊するため永久脱毛と、わきがに効果的だといわれています。しかし、実際には再発してしまうケースは少なくはないようです。汗腺類を完全に破壊することができていないということが現状のようです。

 

最後に電気分解法をご紹介したいとおもいます。エステで行なわれる脱毛法なのですがわきがを抑制すると言われています。一般に幅広く用いられる方法なのですが、毛穴に針を挿入し電流を流すことによって毛根組織をアポクリン汗腺分泌口と一緒に破壊することを目的としています。この方法は、脇毛根を一つずつ処置していくので時間もかかりますし費用もかさみます。 また、エステの場合には麻酔使用が許可されていないため毛穴へ針を挿入した際に痛みが伴います。

わきがの治療をおこなうためには、まずはカウンセリングをおこなうことになります。カウンセリングとは、日常の病院で問診に値することなのですが、わきが・多汗症治療では、患者の悩みを医師に相談するということになります。そこでは、患者の症状が実際にわきが・多汗症であるのかどうかを確認していきます。わきが・多汗症というのは、本人が必要以上に神経質な場合がありますので、その症状は単に汗の臭いが少し強めだけと言うことも多くあるからです。そのため第三者として、医師が汗と臭いを調べることによって治療が本当に必要になるのかを見極める場となります。

 

治療に使われる麻酔についてですが、たとえば局所麻酔注射のチクッとした鋭い痛みや麻酔薬を注入されるときに感じる鈍い注入刺激、そして麻酔が切れるときに感じる疼痛というように麻酔にも痛みが伴われます。そんな痛みについても手術治療をしり込みしてしまう要因といえるでしょう。しかし現代の麻酔技術はかなり進化していますのでカリフォルニア式麻酔と呼ばれる麻酔方法が最先端法として打ち出されているそうです。 

 

手術を施行する際の痛みがなくて人間の体液と同じペーハーと浸透率を用いた麻酔薬なので身体に対する負担を最小限に抑えてくれて、麻酔をした後の疼痛も和らげる効果があります。また、皮膚に吹きかける極低温ガス麻酔を併用することもありますので、麻酔の際の痛みを感じさせないため、こちらもとても効果的だといえるでしょう。

わきがの治療のためには手術をおこなうことになりますが、麻酔が充分に効いたところで皮膚を切開していきます。切開すると言っても数ミリの穴を開けるくらいのものです。ここでは鋭利なメスを使います。術後の傷跡をほとんどなくすために使用しておりかすり傷といった傷は組織の損傷が大きくなってしまうので傷跡が残ってしまうそうです。けれども剃刀や包丁などによるスパッとした切り傷の場合は、切断面が滑らかなになっているため回復が早くて傷痕も残らないそうです。

 

いくら小さな切開とはいえ、刃の鋭いメスを使って傷跡が残らないようにするようです。麻酔が充分に効いて、切皮が完了すれば超音波治療に入ります。数ミリ切開された場所から超音波手術装置のハンドピースを挿入して、超音波の振動エネルギーを放出しながら汗腺類を破壊していきます。ハンドピースの先端が毎秒28000往復以上という超高速運動をおこないます。それから生み出される振動エネルギーが、特定される汗腺類組織を破壊していくのです。

 

それと、同時に生理食塩水をハンドピース先端から放出することによって破壊された組織の乳化を促していき吸引していきます。 超音波治療が終わればあとは縫合です。数ミリの切皮なので実際に縫合は必要ないそうですが、万が一の雑菌感染を防止するため一針ほど縫います。ここで使われる糸は特別なものです。体内に自然と吸収されるものを使うために抜糸の必要がないのです。その縫合箇所にガーゼを当てて、傷口を保護したら、手術は全て完了となります。

わきがの治療をするためには手術をおこなうことになることもあるとおもいます。たとえば手術をした後の脇毛選択についてですが、超音波手術においては、わきが・多汗症を治療します。しかし、脇毛を脱毛するためではないためもし永久脱毛を希望するのであれば術後にレーザー治療を施すかどうかの選択をおこないます。レーザー治療とは、脇皮膚の表面からレーザーを当てながら、体毛を作る毛根のみをターゲットにして破壊をします。医療で使われるものなので、安全性や効果が高いと言われています。

 

また、お肌を傷める心配はありません。ただ、体毛には活動周期がありますので休眠期では効果がありません。そのため数カ月おきに3回から5回のレーザー治療通院が必要となります。超音波治療手術が終えれば、そのクリニックに足を運ぶ必要はないそうです。そしてすぐに日常生活に戻ることができます。術後の常識的な注意事項はあります。しかし、翌日からでも仕事に復帰することができます。それほど超音波治療とは術後回復が早いということなのです。今までは数日の入院が必要だった旧治療法とは違ってこれはとても簡単であると言えます。

 

わきが手術をした後の再発・後遺症についてですが、超音波治療の場合はまったくといって心配は要りません。よく耳にする再発したと言うケースですが、それは汗腺類を取り損ねることによって起こるものです。また後遺症の痛みについてですが、手術中に血管や神経が傷つけられることが原因となります。そのため超音波を用いた手術は、ほとんど汗腺類を取りこぼすことなく破壊するので血管や神経が破損されることもまったくありません。結果として術後の再発や後遺症による心配が要らないということなのです。

周りを見渡してみると人間はさまざまな匂いに囲まれて暮らしていますよね。たとえば心を癒してくれる爽やかな草木の匂いや、お茶やコーヒーなどの深みある匂い、季節の移り変わりを知らせてくれる空気の匂い、個性を強調させておしゃれに魅力的にあなたを演出してくれる香水の匂いなどもあります。私たちの生活の中にあるにおいは、本当にさまざまなものがあるとされています。このように好ましい匂いと同時に、実はなかには不快な臭いがあります。このことは忘れてはなりません。

 

消臭にひそむ弊害というものがあります。最近では臭いを無臭にするための商品が増えてますよね。臭いを他の香りで隠すのではなくてそのものを消してしまおうとする無臭にしてしまう傾向が私たち人間のなかにはあります。タバコの臭いやペットのにおい、また玄関のにおい、トイレの臭いなどがあります。すうなってくると今度は自分自身のニオイが、とても気になってくるるものなのです。

 

人間の嗅覚はそれほど鋭いものではありません。実は自分のにおいにも、鈍感な場合があってそれほど気付かないものですが、それにもかかわらず周りが無臭なだけに自分のにおいに敏感になってしまい必要以上に不安感を頂いてしまうこともあるようです。自己臭症とは汗の臭いについて悩んでいるが他人や、医師にでさえ相談できずにいる人達がたくさんいて。どうしたらいいのかがわからずに不安だけが募ってしまい一種の症候群状態になってしまいやがて「体臭恐怖症」と呼ばれる神経症の一種の「自己臭症」に陥ってしまうこともあるのです。

わきがと体臭の違いを確認するためには、そのニオイを抑えることができるかどうかを知っておくことが大切だとおもいます。例えば、口臭であれば治療を施すことによって臭いを抑えることができます。頭が汗臭いのであれば頻繁に洗髪することで解決することができるとおもいます。けれども、わきがの場合はニオイを軽減することはできたとしても完全に抑えることまではできないのです。

 

一般では誤った知識によって不潔だから、わきがになると考えられがちなのですが、清潔を保っていたとしてもわきがをなくすことは無理なのです。また、わきがの臭いと汗のにおいは別物なのです。ワキガは病気扱いされていないので正しい知識を得るのが難しいとおもいます。そのため誤解が生まれがちです。体臭とはさまざまな個体差のある臭いなのですが、健康状態によってもにおいが強くなることもあります。

 

口臭や頭皮臭、また、何日もお風呂に入らなかったことによる汗臭さなどいづれも臭いなのですが、これはわきがの臭いというわけではないのです。わきがとは、わきの下にあるアポクリン腺という汗の出る腺から分泌している汗の一種が細菌などに汚染されてしまい臭いを放つ症状のことをいいます。わきがのにおいは、腋の下からの鼻をつくような不快な臭いです。その原因の大半なのですが医学的には「臭汗症」や「腋臭症」と言われています。

わきがとは、いったいどういうものなのかご存知でしょうか。わきがについて簡単にお話したいと思います。わきがとは、病気ではなくて人間の体質のことです。全ての人には、その人特有の体臭があるものです。わきが体質の人はその人の持っている特有の体臭が、独特のわきがの臭いを持っています。そのにおいは、人によって、さほど気にならないものであったり、とても不快なものだったりする場合があります。

 

わきが体質といっても、人によってその程度が様々なのです。治療が必要になるか、ならないかは、わきがの程度や本人の意思によります。わきがは、病気ではありません。ですから、わきがだからといって、必ずしも治療が必要になるというわけではありません。大抵の人間は、自分のにおいには気づきにくいものなのです。ですから、自分のにおいがどのようなものなのか知る人の方が少ないでしょう。

 

自分自身が、わきが体質だと知らない人も多くいると思います。日本には、わきがで悩んでいる人が実は大勢います。しかし、欧米においてはほとんどの人が、わきがに対して悩んではいません。この理由は、人種によって、わきが体質の割合が異なるということが考えられるからです。一般的に黒人は、100%の割合でわきが体質だと言われています。また、欧米人の割合は、80%といわれています。これに対して、わきがと言われる日本人は約10%程度です。そして中国人は、3〜5%の人がわきが体質とされています。

わきがの治し方はどういった方法があるのでしょうか。わきがを治すためには、まずはまめに入浴して腋の下をいつも清潔にしておくことが大切です。あとは香辛料を摂り過ぎないようにして、通気性のよい下着をつけてむれないようにしましょう。また塩化アルミニウム液を外用してみたり、カウンセリングをうけたりします。どうしてもわきがの臭いが解消されないような場合には、アボクリン腺を除去するわきが手術や電気分解をおこないます。

 

またわきがの治し方は、手術以外にも改善できる方法がいくつかあるそうです。わきがの手術は、比較的に短時間で終わるものが多いようですが、それなりに治療費などがかかってしまいます。まずは、すぐにでも実行することができるわきがを治す方法を実践していったほうがよいでしょう。わきが対策のひとつとして食事対策があります。確かに食事を改善するだけではわきがを治すことはできません。しかし、わきがをはじめ体臭というものは、脂っこい食事や香辛料を摂り過ぎていることが原因のひとつとして考えられています。

 

まずは肉類や脂肪分の多い食事をやめるようにして野菜を中心にとるような食事に切り替えていくことが大切です。欧米化した食生活が、わきがの原因のひとつとなっています。野菜中心の日本人らしい和風な食生活に戻していくことが大切です。日本人にはやはり和食が一番あっているとおもいます。野菜がバランスよく使われる和食をたべるようにしてわきがの症状を抑えていきましょう。またわきがは、汗が細菌に分解されることによっておこってしまいます。そのため汗の量を減らすことができれば、わきが臭はそれほど発生しないということになるとおもいます。

人間は生活をしている限り、だれでも汗をかきます。これはしょうがないことだとおもいますし、必要なことなのです。問題は、汗をかいた後にしっかりとしたケアをしているかということなのです。汗をかいた後に、きちんとしたケアをすることによって臭いを少なくすることはできます。わきがは汗の処理をきちんとしておけば、臭いを抑えることも可能です。

 

まずは汗をかいたなと思ったら、タオルなどでこまめに汗を拭き取ることをおこないましょう。汗を放っておいている時間が長ければ長いほど、細菌が繁殖してしまいますので臭いが出てきてしまいます。そのため注意したほうがよいでしょう。わきがにつながる汗を抑えるためには制汗スプレーなども有効だと思います。汗をかいたらタオルできちんと拭き取ってから制汗スプレーをしておけばしばらくは汗を抑えることができます。

 

ただ制汗スプレーは完璧だとはいえません。汗をかいたら制汗スプレーをしていても、なるべくこまめに汗を拭いておくようにしましょう。またわきがを気にしすぎると逆効果だともいえます。わきがの発症はだいたい約12、13才以降からなのですが、思春期にとくにつよくなります。そしてだんだんと症状が軽くなることが特徴です。40才以降は、かなりわきがの症状が治まってきます。

わきの下は常に腕で覆われていますよね。そのため汗をかきやすく場所だともいえます。またかいてしまった汗が蒸発しにくいので蒸れた状態が続きやすいのです。そのため雑菌が溜まりやすいといわれています。人間の皮膚には2種類の汗の管、[エクリン汗腺]と[アポクリン汗腺]があり、体温調節のために汗を出す管がエクリン汗腺です。

 

そして毛穴とは関係なく、皮膚の表面の広範囲にこの汗腺はあります。ここから出る汗は、極少量の塩分を含んでおりますが99%が水分です。そしてほとんど臭いはありません。わきが(腋臭)の原因はアポクリン汗腺です。わきの下や陰部、へその周り、乳首の周り、耳の穴にだけある汗腺です。一番多く点在している場所がわきの下で、毛穴が汗の出口になります。

 

ここから出る汗は、脂肪分やタンパク質などがたくさん含まれており、雑菌や常在菌が繁殖しやすくなってします。そのため臭いが発生します。わきの下の毛穴には、もうひとつ皮脂腺がありますのでここから出る脂肪分なども細菌を繁殖させてしまいわきが(腋臭)の原因となってしまいます。また、わきが(腋臭)が遺伝するといった話は、アポクリン汗腺の発達度が遺伝するという意味からきています。

わきが(腋臭)と体臭は違うということをあなたはご存知ですか?ただ単に汗臭いだけであればわきが(腋臭)とは言いません。人間の体はあらゆる場所から臭いを発生させています。それは息や髪、汗などなのですが、普通は臭いの原因はだいたいわかるとおもいます。たとえば、にんにくを食べたとか、お風呂に長いあいだ入らなかったなどです。

 

このような臭いであれば日常生活の中で清潔をたもつように気をつけていれば対処することはできます。しかし、体臭の中でも、特定の人が発している特殊な臭いというものがあります。その臭いが発生する場所はわきの下なので、その臭いを「わきが(腋臭)」と呼んでいます。これは、専門医に相談したほうがよいかもしれません。もしも、重症と判断された場合には、手術などを受けなければ、臭いを解消することはできません。

 

また多汗症の方が大量にかく汗というものは、おもにエクリン汗腺から分泌されます。この汗はほとんどが水分になりますので、大量にかいたとしてもただ「汗臭い」だけで、わきが(腋臭)にはなりません。わきが(腋臭)と多汗症は、全く別のものなのです。けれども、わきが(腋臭)体質の人は、多汗症も伴っていることが多いようです。このような場合には、別物といっても関係がけっして無いわけではありません。

わきが(腋臭)とは、わきの下から出る匂いが体質的または遺伝的に特徴のある鼻につくような匂いです。人に不快感をあたえてしまうこともあります。欧米人の場合には、80%の方がわきが体質であるとされています。しかし、日本人の場合は約10%と非常に少ないです。けれども片親がわきがの場合は約50%となり、両親ともにわきがだと約75%の割合で遺伝してしまいます。

 

次に多汗症についてですが、多汗症の場合は匂いは気にならないのですが、だらだらとわきの下に汗が流れてしまったりわきの下の黄ばみや原色のブラウスなどを着た時にできてしまう汗じみが気になるというような症状です。多汗症はわきの下だけでなくて手足や顔といった場所にもおこるそうです。手や足の多汗症の治療法は、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用などがあります。

 

ワキの汗にはアポクリン腺から分泌される汗とエクリン腺から分泌される汗の2つの種類があります。アポクリン腺から出る汗は皮膚の雑菌によって分解されれば独特な匂いを発します。これがあの嫌なニオイです。つまり腋臭(ワキガ) であって黄色い汗じみの原因となってしまいます。ワキガの原因となるアポクリン腺は身体の限られた部位に存在しておりアポクリン分泌することによって体臭を形成してしまいます。

あなたの体臭やわきが(腋臭)臭などが、あまり強くないのであれば香水をつけて臭いの対処をすることもできるとおもいます。体臭やわきが(腋臭)臭が強い場合には、香水は使わないほうが良いとされています。たとえば、強いわきが(腋臭)臭を消すために、強い香水を使うとします。そうすることによって臭いの相乗効果で強烈な悪臭となることもあります。

 

そして、その強烈な悪臭は本人だけが気付かない場合も多いみたいです。わきが(腋臭)臭の原因は、飽和脂肪酸を含んだ動物性脂肪とされています。肉食中心の欧米人に比べてみると采食中心だった日本人にわきが(腋臭)が少ない理由はこういった点があげられます。わきが(腋臭)対策には、穀物と魚介類中心の昔ながらの日本食を日常的に摂るように心がけたほうがよいでしょう。

 

たとえばファストフードや冷凍食品は飽和脂肪酸を多く含んでいます。もしも、あなたが子供の頃からファーストフードや冷凍食品などを食べ続けた場合には、思春期からの食事療法ではワキガが治らないかもしれません。わきが(腋臭)臭の原因は汗だと思われがちなのですが、汗は、かいた直後は無臭だとされています。汗の中にはアポクリン汗腺の分泌物が、皮膚に住みついた細菌に分解されてしまいわきが(腋臭)臭が発生してしまうこともあります。

わきがの臭いの原因は汗だと思われがちなのですが、汗は、かいた直後は無臭なのです。汗の中でも、アポクリン汗腺の分泌物が、皮膚に住みついた細菌に分解されてしまいわきが臭を発生させてしまいます。雑菌はわき毛の根元に溜まりやすくなっていて、毛自体にもニオイを吸着する性質を持っているようです。細菌の繁殖を防ぐよう常に清潔にしておけば、わきが臭も軽減することができるかもしれません。

 

剃刀できれいに剃っておくか、毛抜きをつかって脇にある毛を抜いてしまいましょう。脱毛クリームなども有効だとおもいます。お手入れをきちんとしておけばトラブルなども軽減できると思います。わきが臭を抑えるためには、いつも清潔にするように心がけるようにして脱毛をした後なども清潔を保つために、こまめに洗浄するようにしたほうがよいでしょう。

 

たとえば出かける前や、帰宅した後には、シャワーや入浴をするようにしましょう。薬用石鹸は除菌効果が高いのでおすすめのアイテムです。よく泡立てて使えば洗浄力がさらに上がります。生理食塩水をコットンに浸してき、2〜3時間おきに拭いてあげましょう。黄色ブドウ球菌などの常在菌対策にはとても有効な方法だとおもいます。

わきがを対策するためにはストレス解消も大切なことです。ストレスは、汗腺類の働きを活発化させることがあるそうです。ストレスを抑えたり、発散することによりわきが(腋臭)を軽減させることも可能です。なるべく食生活や睡眠時間などは規則正しい生活を心がけるようにしましょう。起きた問題はその日のうちに解決することにより自律神経の働きを助け、ストレスを解消することに繋がります。

 

そしてリラックスできる時間を作るようにしましょう。友人とのショッピングしたりおしゃべりをしたり、お酒を飲んだりスポーツをしたり、何か趣味を持つことによって、ストレスを発散させるようにしましょう。また、わきがの対策には手術以外の治療方法もあります。わきがの原因は、汗、腋毛、細菌の三つなのですが、原因を取り去ることによってわきがは改善されていきます。

 

たとえばレーザー脱毛や電気針脱毛などで腋毛を失くしていきましょう。軽いわきがなら、脱毛して腋を清潔に保つようにして制汗剤を使用する程度でも効果があると思います。他にもイオン導入(イオントフォレーシス)という方法もあります。お肌への栄養分となる薬剤やビタミン C をイオン化させてから皮膚に浸透させます。表面に塗布しただけでは肌の奥まで到達することはできないため微弱な電流を皮膚に流していき、電位差を利用して皮膚の深部に浸透させるといった治療方法です。

わきがとは別名で「臭汗症【しゅうかんしょう】」や「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれています。特別に強いニオイ、たとえばすえたような酸っぱいニオイなどを発する症状のことなのですが、決して病気ではありません。アポクリン汗腺の量が通常よりも多いような状態で働きが活発なために起こってしまいます。ワキガはアポクリン汗から発生するニオイです。

 

そして多汗はエクリン汗が大量に放出される症状のことを指しています。いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものなのでワキガのニオイとは別物だと考えればよいでしょう。もしかしたら聞きなれない言葉かもしれませんが、股間部(会陰部)からワキガ臭を発する症状のことはスソワキガといいます。これはニオイの原因となるアポクリン腺が、わきの下だけでなく股間部(会陰部)にも存在するために起こる症状なのです。

 

多汗症を大別すればワキガ型と精神性発汗型の2種類があります。ワキガ型多汗症の場合には、ニオイと汗の両方が気になるケースがあります。そしてニオイはさほど気にならなくても、わきの下から汗がダラダラというように滝のように流れたり、下着や洋服のわき部分が黄ばんでしまったり汗じみが気になるといったケースがあります。

わきが体質なのかどうかをセルフチェックしてみるとよいかもしれません。自分のニオイというものは自分では気付きにくいものだと思います。また、臭いはデリケートな観点から他人からもなかなか教えてもらうことはできないと思います。もしかしたら自分はワキガかも…と思ったら、次のような項目をチェックしてみるとよいでしょう。

 

当てはまる項目が、多ければ多いほど、ワキガである可能性が高いと思います。特に、1〜3までがすべて当てはまるような人は、ほぼ確実にワキガであると考えられるでしょう。ただ、これはあくまでも自己診断方法となってしまうので正確な診断を希望するという方は、専門の医師によるカウンセリングを受けたほうがよいでしょう。

 

アポクリン汗腺は耳のなかにもたくさん分布しています。そのため、アポクリン汗腺からの分泌物が多ければ耳あかが湿り気を帯びてしまいます。耳あかが湿っている人の約75%はワキガ体質である可能性が高いようです。アポクリン汗腺と皮脂腺の分泌液というものは、毛穴を通って皮膚の表面に出るのでわき毛などの体毛が濃いという人はこれらの腺の数も多いと考えられます。

 

女性の場合は、わき毛の量だけでなく太さなどについてもチェックしてみるとよいでしょう。アポクリン汗腺の汗に含まれる脂肪・タンパク質・鉄分・色素などが、衣服について黄色い汗染みの原因となってしまうことがあります。そのため、汗染みができやすい人はアポクリン汗腺の数や分泌量が多いと考えられます。アポクリン汗腺の数が多くてその働きが活発な場合にはわきの下の汗の量は多くなってしまいます。もしも、汗に粘り気があるような場合は、特に要注意だといえます。

 

アポクリン汗腺の数や大きさについては遺伝によって左右されてしまいます。両親のいずれかがワキガの場合には子どもに遺伝する確率は約50%といわれています。そして両親ともワキガ体質だと75%の確率で遺伝してしまいます。両親ともワキガではないのに、本人がワキガであるという場合は、祖父母にワキガ体質の人がいる可能性があります。また、家族にワキガ体質の人がいるような場合には鼻が慣れてしまいニオイに鈍感になってしまうこともあります。

わきが・多汗症治療の種類についてご紹介したいと思います。湘南美容外科クリニックでは開院してからとても多くのわきが・多汗症治療を行っています。そのためクリニックの得意分野の一つだとも言えます。湘南美容外科でこだわっていることは効果と傷口、術後の負担の3点で、「切らない治療法」と「手術による治療法」がありますのでよくカウンセリングなどで説明をうけてみるとよいでしょう。

 

マイクロレーザー法は新宿院・大阪院・福岡院限定となっています。マイクロレーザー法は匂いや汗は気になるけど手術は怖いという方に人気の方法です。傷口わずか1mmで匂いや汗は気になるけれども、手術することは怖いという方に人気があります。まt、絶対に傷を残したくない方にも最適です。傷口がわずか1mmなので誰にも気づかれること無く悩みや不快感から解放されます。

 

また、毛根への照射によってわきが・多汗症治療と同時に脱毛効果も得ることができます。 ボトックスは、わきの下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制することができます。ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種なのですが、アセチルコリン分泌を阻害するために一過性の筋肉麻痺を生じさせてくれます。以前から、眼科や神経内科の領域で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられてきました。

ワキガ・多汗症の改善にはアルミニウムが効果的だとされています。DWクリームには高濃度アルミニウム化合物が含まれていますので、これが汗孔内で金属ゲルを形成していきます。そしてアポクリン汗腺とエクリン汗腺の出口をふさいで汗の量とニオイを抑えてくれます。また、エタノールや高濃度塩化ベンザルコリウム液の殺菌効果によってワキガ・スソワキガの原因菌を除去してくれてニオイをもとから抑えることができます。

 

デオドラントクリームとしては初めて美白・漂白成分が配合されているので、わきの下の気になる黒ずみに対しても効果的だとされています。市販のデオドラント製品にもアルミニウム化合物が含まれているのですが、濃度が低いこともあり、その他の成分によっては発赤やかゆみ、刺激感、痛み、色素沈着、皮膚変色などの副作用が起こることがあります。

 

また、このDWクリームには、ボトックスと同じように制汗作用を持っている高濃度アルジルリンも配合されています。ワキガ・多汗症治療用クリームとしては日本初のものだそうです。改良点としてはエタノール・スクワランを少なくして、べたつき感を抑えることができました。ビタミンCの効果についてはビタミンCを配合してますので、消臭さらに美白効果を高めてくれます。

わきがの治療方法で、マイクロシェービング法という方法があります。マイクロシェービング法は傷口がわずか4ミリと最も小さいです。そしてその効果が最大限の方法となります。マイクロシェービング法はノースリーブや水着などをよく着たりして、腋の下をよく出す人にお勧めの応報です。マイクロシェービング法はいったいどのような方法なのでしょうか。

 

マイクロシェービング法はアメリカのストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーと呼ばれる特殊医療器具を使用して効果を追求しています。ストライカーシェービングコンソーラーの外刀に内刀の回転が加わることによって汗腺を確実に除去することができます。施術した後の傷口はとても小さくてなおかつキレイで目立ちません。

 

そして、臭いや汗の原因である汗腺を取り除くことができる手術です。マイクロシェービング法は皮膚の合併症も少なく安全な方法です。マイクロシェービング法は次のような方にお勧めの方法です。たとえば臭いや汗の程度が軽度な方や傷跡は絶対に残したくないかた、手術をしたことは内緒にしたい方などです。マイクロシェービング法は、米国ストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーと呼ばれている特殊医療器具を使用しており、その効果を追求しています。

わきがについては、いろいろな偏見があるということが現状のようです。無知な場合には、偏見にとらわれてしまうことがあると思います。また、自分がわきがであることを苦しんでしまったりワキガを治すためのことばかり考えてしまい頭がいっぱいになってしまうこともあると思います。自己否定にさいなまれてしまう人も多いみたいです。

 

それでは、わきがとは一体何なのでしょうか?現代の日本社会において、わきがは「人間本来の体質である」というようなわきがに対する認識度や理解度は決して高いレベルにあるとは思えません。そのために社会のいろいろな認識不足や理解不足によって若いときから傷つけられてしまっている人もたくさんいます。

 

また、自分自身を偏見の目で見てしまっている人もいると思います。つまり、わきがが嫌いな人の視点から自分を見てしまっている人もたくさんいるそうです。これでは悩みはけっして解決しないでしょう。直感的にいえば「わきがとはニオイということについて悩むことだ」と思われがちなのですが、本当にそうなんでしょうか?「わきがの悩み」については、「気持ち的な部分」が多いのではないでしょうか。

「わきが」と「アポクリン汗腺」の関係についてご紹介したいと思います。あなたは「わきが」で悩んでいますか?それともパートナーが「わきが」で困っていませんか?どのようなケースにおいても、その問題を解決するためには、まず「わきが」について正しい知識を身につけることが大切だと思います。

 

腋臭症(えきしゅうしょう)=「わきが」となります。腋臭症(えきしゅうしょう)が「わきが」の正式名称です。わきの下から出る匂いが体質的、もしくは遺伝的に鼻につくような特徴的な臭いであり、人に不快感をあたえてしまうということでなのす。わきがは、女性よりも男性に多くて、日本人や東洋人よりも欧米人に多いと言われています。

 

欧米では約7割が「わきが体質」と言われています。そのため、欧米人はさほど気にされていませんが、日本では全体の人口の約10%といわれています。その少なさゆえに「わきが」については、問題視されるようです。わきがの原因としては「アポクリン汗腺」があげられます。ワキの下には、「汗腺」と「皮脂腺」という器官があり、汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2つの種類があります。「わきが」は「アポクリン汗腺」からの分泌物が主な原因となります。

アポクリン汗腺とは、2種類ある汗が出る汗腺のうちの1つです。そしてアポクリン汗腺は、「わき」や「陰部」、「耳の中」など体の特定の部位に存在しています。エクリン汗腺から分泌される汗と異なっており、アポクリン汗腺から分泌される汗にはたんぱく質がたくさん含まれています。そのため、皮膚に出てくると細菌がそれを分解してわきが臭の臭いが出てきてしまいます。

 

また、そのまま放置しておくと細菌がさらに増えてしまいわきが臭も強くなってしまいます。アポクリン汗腺は思春期に発達するといわれています。そして、体の中でいればわきの下にもっとも多く存在しています。「わきの下」は通気性が悪いことや簡単に細菌が増殖してしまうため、汗が早く分解されて「わきが」の主な原因と言われています。

 

わきが治療については色々な方法があります。人によってそれぞれ性格が違うように、わきがも個人個人の状態によって違います。その状態に適切な治療方法を選ぶことがとても大切になってきます。最終的な判断をする際には信頼できる医院のカウンセリングをうけながら決めていくのが良いと思います。

わきが対策には、剪除法(せんじょほう)という方法もあります。この剪除法は保険適用ができます。保険が適用できて、かつ重度のわきがで悩んでいる方にも効果が高いと言われている方法です。剪除法では、わきのしわに沿って3〜4cmほど切開します。そして、皮膚を反転させることで、医師が臭いの元となるアポクリン汗腺をとっていきます。

 

これは、直視できるようにと一つ一つ取り除いていく方法なので皮膚を切り取るわけではありません。しわに沿って切るため、傷跡は目立たなくなるようです。クリニック以外の美容外科では、剪除法に健康保険が適用されない場合もありますので、この点では事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

 

他にもボツリヌストキシン注射(ボトックス等) があります。これは代表的な製剤としてボトックス(アラガン社製)があります。A型ボツリヌス毒素という毒素を製剤化したもので、そのA型ボツリヌス毒素は、嫌気性菌の神経毒素のひとつです。そして神経伝達を抑制する作用があり、筋肉部分に直接注入していき、シワを目立たなくさせることもできます。

ワキガ・多汗症の治療方法として【剪除法】という方法があります。この方法はワキの下の汗腺や皮脂腺、そして毛根を医師が直視して臭いの原因となるアポクリン汗腺を1つ1つ丁寧に取り除いていく方法です。そのため、アポクリン汗腺を取り除いていくことによって多汗症をも治すことができます。アポクリン汗腺は、一度除去してしまえば再生する事はありません。そのため臭いや多汗共に再発の心配はほとんどありません。

 

次に【吸引法】です。これは、においの原因であるアポクリン腺を吸引するといった方法です。わずか8mmくらいの入り口からアポクリン腺を吸引していきます。そのことによって、においの原因となる元から取り除いてくれます。においはもちろんですが多汗症についても軽減することができますので、衣服のあせじみや黄ばみなどのお悩みも軽減することができます。

 

それから【ボトックス法】という方法もあります。これは汗の分泌を軽減するといった効果があります。脇の下の皮膚全体にボトックスを注射することによって汗の量が軽減されていきます。治療も10分程度で終わりますし、傷跡も残らないです。そして、当日からシャワーや入浴などもできます。比較的、受けやすい施術方法なのかもしれませんね。

ワキガ手術は病院選びがとても重要になってきます。これはワキガ手術だけではありませんよね。手術をうける場合はどのような病院で受けるかを選ぶことになります。これは非常に大事なことで難しい問題です。なぜかというとワキガで良い病院を探そうとしても、ワキガだった人は手術したことについて人にはあまり言いたくないからです。

 

そのためクチコミなどの情報を探してみようとしても「ここの病院が良い」というような情報が少ないのが現状なのです。したがって、どの病院、またはクリニックでワキガ手術を受けるのが良いのかインターネットや雑誌で見つけてから自分で探していかなければなりません。ただ単に「自宅のそばにあるから」、また「料金が安いから」ということで決めてはいけません。

 

同じ料金であっても医師の技術によって差はあります。そして治療費が高いから腕が良いかというとそういわけでもありません。また最新機器を取り入れているなどのキャッチコピーも意味はあまりないといえるでしょう。どのようなワキガ手術が得意なのか、そしてワキガ手術の費用はどのくらいかかるのか、アフターケアはあるのかというようにチェックする項目をいくつかあげてから実際にカウンセリングを受けてみましょう。

ワキガ手術を受けようと決めた場合に、病院を選ぶことになると思いますが、実際にカウンセリングを受けてみればその病院の雰囲気や医師などが信頼できるかどうかも判断することができるのではないでしょうか。そしてカウンセリングを受けたからといって、その病院でワキガ手術をしなければならないということはありません。逆に、1度のカウンセリングですぐにワキガ手術を勧めるような病院は、ちょっと考えたほうがよいかもしれません。

 

もしかしたら、あなたのワキガは実はワキガの手術をするほどではないのかもしれません。実際によく調べないで病院を決めてしまいワキガ手術をおこなって、その後にワキガ手術の痕が消えないケースや手術をした後に法外な追加料金をとられたというようなトラブルが後を絶たないようです。アフターケアで追加料金がかかってしまうのかなど、特に金銭面において疑問に思ったことははっきりさせておくのが重要だといえるでしょう。

 

ワキガは1週間、また1ヶ月以内に必ず治さなければならないものではありません。もちろんワキガの人からすれば、すぐにでも治したいのでしょうが。ワキガ手術をうけた後に金銭面やアフターケアなどで後悔しないためには自分が納得のいくまでじっくりと検討したほうあ良いでしょう。「この病院なら信頼できる」というような病院、クリニックに決めるようにしたほうが良いでしょう。

ワキガ手術までのスケジュールについてご紹介します。ワキガの手術をうける際にはカウンセリング等で説明を受けます。しかし、一般的なスケジュールを説明しておきます。何もしらないでいるよりも多少なりとも予備知識があるほうが精神的にも安心するのではないでしょうか。また、極端な違いがあれば、クリニックに一度聞いてみるのがよいでしょう。@電話での問い合わせ、カウンセリングの予約を入れます。A医師とのカウンセリングをおこない、ワキガの悩みを聞いてもらって手術が必要かなど相談しましょう。すぐにワキガ手術を勧めるようなクリニックには注意したほうがよいでしょう。あとは医師に診てもらうときには香水などは控えましょう。

 

それからBあなたの健康状態のチェックをおこないます。採血をして、健康状態を調べて問題がなければワキガ手術を受けることができます。Cワキガ手術の日程を決めます。費用やアフターケアなどしっかりと決めてから必要であれば、ワキガ手術の予約をしまそゆ。だいたい初診から1週間くらいで手術予約する方が多いようです。Dワキガ手術前日には普段通りに過ごしても大丈夫ですが、前日はゆっくりと休むようにしましょう。Eワキガ手術当日は手術にかかる時間は1時間ほどなので入院する必要はありません。手術がおわったらすぐに帰宅できます。そして傷口は濡らさないようにすれば、シャワーも大丈夫です。F3日後くらいに術後チェックをこないます。この時にワキガ手術後に異常はないかみてもらいます。

 

G1週間後くらいに抜糸をおこないます。これは一般的なことですが、通院のできない方や急いでいる方などはクリニックで聞いてみましょう。体内で溶ける特別な糸をつかうなど、いろいろとあるようです。H2週間後、マッサージを開始します。ワキガ手術をした後はワキの皮膚が硬くつっぱる感じがしますので、マッサージをしてやわらかくしていきます。なるべく通院してマッサージを受けましょう。I3ヵ月後に完治です。この時に医師によりワキガ手術の効果を確かめることになります。もしも、ワキガ手術がうまくいかなかったときのことなども手術前に確認しておいて下さい。そして痕が残ってしまったり、ワキガ臭が消えなかったりすればせっかく手術をしたことがムダになってしまいます。

TOPへ