わきがとは

わきがは、わきの下にあるアポクリン腺とよばれる汗の出る腺から分泌している汗の一種が細菌などに汚染されてしまいくさい臭いを放つ症状の事をいいます。わきがのにおいは、鼻をつくような不快な臭いをもっており。医学的にいうと「臭汗症」や「腋臭症」と呼ばれています。ワキの下には、エクリン汗腺、皮脂腺、アポクリン汗腺とよばれる分泌腺があります。わきがの臭いは腋の下にあるアポクリン腺という汗腺から出た汗に含まれている脂肪酸が皮膚の表面にある常在菌が混じり合って発生しるそうです。

 

アポクリン汗腺というものは、ホルモンの分泌が盛んになる「思春期」のころから活動をはじめるため、この時期にわきがの症状が現れる方が多いようです。またアポクリン腺以外にも、もうひとつの汗腺からもその臭いの発散が関わってくるそうです。実は、欧米人の約8割がわきがの体質をもっています。それに対して日本人は1割未満と少いようです。民族ごとにわきがの体質の比率をみてみると、一般的に黒人が100%で欧米人が70〜90%、日本人が10〜15%、中国人3〜5%というように言われています。

 

わきがは肉食中心の食説カツで高カロリー、高脂肪食の民族であるほどわきがの体質の人の割合が多いようです。その理由としてあげられうのは食文化の違いが大きく影響しているようです。本来、欧米人は狩猟民族です。そして東洋人は農耕民族になっています。狩猟民族は動物性のタンパク質や脂肪分などを摂取しており、農耕民族は作物などからタンパク質や脂肪分を摂ってきました。このような歴史から長い年月をかけて体質の違いが確立されていき体臭に影響を与えることになったと考えられています。

TOPへ