ワキガの超音波治療

ワキガの超音波治療にかかる手術時間ですが、掻き取る手法を用いる外科治療の場合は組織を傷つける可能性が高いだけですし手探り且つ慎重におこなうため施術時間がかかります。そういったことから身体にかかる負担も大きくなってしまいます。 けれども超音波法をもちいれば超音波を患部に当てるだけなので簡単です。汗腺類を狙い撃ちできる方法なので、短時間で手術を終えることができますよ。個体差もありますが、一般では両脇で30分前後でわきが・多汗症治療を終えることができます。

 

後遺症とは、術中に細胞組織を傷つけられ出血することによって起こります。手探りで汗腺類を掻きだす術法の場合はたくさんの皮下組織を傷つけてしまいます。その結果として後遺症が残る結果となってしまいます。しかし超音波法をもちいればターゲットを絞った周波数を出すことによって血管組織などを一切傷つけることなく汗腺類のみを破壊することができます。そのため後遺症の心配はほとんどないといえるでしょう。

 

本来のわきが・多汗症治療では、長めの皮膚切開や数箇所の皮膚切開が必要とされたいました。そのためにかなり目立つ傷跡が残ってしまいました。超音波治療による施術ですと皮膚に穴を開けるくらいの切開しかおこなわないため傷跡がほとんど残りません。安全のために一針の縫合をおこないますが、吸収糸を使用するため目に付くことがありません。

TOPへ