ワキガ再発予防の超音波法

超音波法でワキガの治療をおこなう場合には手作業で汗腺類を取り除く手法とは違って特別な周波数が汗腺類のみを識別して破壊させてくれます。再発すると言われる従来の手法の場合には取りこぼしをしてしまった汗腺が原因で再発してしまうといってもよいでしょう。けれどもこの超音波治療法であれば取り残しがないためほぼ100%除去することができます。また、破壊された汗腺類は再生することがないので再発を防いでくれます。

 

汗腺類を掻きだす治療法を施された場合には脇毛が薄くなってしまうことがあります。けれども超音波治療では、特に男性の方でわきがを治したいけれども毛は残したいと言う方の要望に応えることは可能なのです。周波数を調節することによって汗腺類のみを破壊したりできますし。汗腺類と毛根すべてを破壊することも選択できるのです。ただ、超音波法は基本的に汗腺類を破壊することを目的としているため完全に脱毛することも希望するのであれば表皮からのレーザー治療を行なったほうがよいでしょう。

 

超音波治療法の場合は、汗腺類以外の組織を損傷しないので身体へのダメージがほとんどないといえます。そのため手術をしてからもすぐに日常生活に戻ることができます。もちろん入院もありません。通常の場合には手術の後は通院しなくてはなりませんが、この治療法であれば病院に経過を見せにいかなくてもよいのです。会社や学校を休まなくてもよいですし術後の通院のわずらわしさもないため1日限りのわきが・多汗症治療といえます。

TOPへ