わきがの外科的治療

わきがの外科的な治療法としては皮下組織吸引法というものがあります。太ももや腹部などの脂肪を吸引しその箇所を引き締めると言ったダイエット法がありますが、皮下組織吸引法は、この方法を応用したものです。脇下皮膚に小さな穴を開けて細い管を通して、そこから汗腺類を吸い取ります。この方法は術後の傷跡がほとんど残らなくて回復も早いため、いろいろな病院でわきが・多汗症治療法として採用しています。しかし、やみくもに吸引を行なわなければいけないため、完全に汗腺類を吸い取ることはとても難しいようです。

 

ほかにも皮下組織削除法という方法があります。この方法は脇下から1センチほどの切皮場所へと専用器具を挿入して鋭刃は皮膚下にあててローラーは皮膚上にあてます。皮膚を挟むように移動させながら汗腺類を含んでいる皮下組織をそぎ取る方法です。この専用器具は高度な技術を必要としていますが上手におこなえば取り除きにくい皮脂腺やエクリン腺までもそぎ取ることができます。

 

けれども、脇下に数箇所の傷跡が残ってしまい皮膚を薄く削るため黒ずみが残りやすいため注意が必要です。術後は数日の入院が必要となります。また1週間ほど脇を固定してなくてはいけません。わきがの外科的な治療方法を考えているかたは参考にしてみてはいかがでしょうか。

TOPへ