ワキガのエステ式治療法

ワキガを改善しようとしたときに方法としてはエステ式治療法もあります。たとえばインフォレーゼ法という方法です。これはエステにおいて、永久脱毛よりもワキガを軽減させることに重点を置いた方法のことでホルマリンの電極性を利用してホルマリン漬けのガーゼを脇に押し当てて電流を流していき、アポクリン汗腺口を閉じることによってワキガを抑えるといった方法です。現状は、他のエステで使われている永久脱毛兼わきが治療方法と同じように汗腺類を破壊するには至っていません。そのため再発するケースが目立つようです。インフォレーゼ法の場合はわきが臭を抑えられる期間は2週間から3週間程度だと言われています。

 

ほかにも電気凝固法という方法があります。電気分解法と同じようにエステで使われる脱毛法のことです。これは毛根より少し離れた位置に針を刺して高周波電流を流すことによって毛根を固めて毛を抜きます。アポクリン汗腺や皮脂腺も同じように高周波電流で破壊するため永久脱毛と、わきがに効果的だといわれています。しかし、実際には再発してしまうケースは少なくはないようです。汗腺類を完全に破壊することができていないということが現状のようです。

 

最後に電気分解法をご紹介したいとおもいます。エステで行なわれる脱毛法なのですがわきがを抑制すると言われています。一般に幅広く用いられる方法なのですが、毛穴に針を挿入し電流を流すことによって毛根組織をアポクリン汗腺分泌口と一緒に破壊することを目的としています。この方法は、脇毛根を一つずつ処置していくので時間もかかりますし費用もかさみます。 また、エステの場合には麻酔使用が許可されていないため毛穴へ針を挿入した際に痛みが伴います。

TOPへ