わきが治療の流れ

わきがの治療のためには手術をおこなうことになりますが、麻酔が充分に効いたところで皮膚を切開していきます。切開すると言っても数ミリの穴を開けるくらいのものです。ここでは鋭利なメスを使います。術後の傷跡をほとんどなくすために使用しておりかすり傷といった傷は組織の損傷が大きくなってしまうので傷跡が残ってしまうそうです。けれども剃刀や包丁などによるスパッとした切り傷の場合は、切断面が滑らかなになっているため回復が早くて傷痕も残らないそうです。

 

いくら小さな切開とはいえ、刃の鋭いメスを使って傷跡が残らないようにするようです。麻酔が充分に効いて、切皮が完了すれば超音波治療に入ります。数ミリ切開された場所から超音波手術装置のハンドピースを挿入して、超音波の振動エネルギーを放出しながら汗腺類を破壊していきます。ハンドピースの先端が毎秒28000往復以上という超高速運動をおこないます。それから生み出される振動エネルギーが、特定される汗腺類組織を破壊していくのです。

 

それと、同時に生理食塩水をハンドピース先端から放出することによって破壊された組織の乳化を促していき吸引していきます。 超音波治療が終わればあとは縫合です。数ミリの切皮なので実際に縫合は必要ないそうですが、万が一の雑菌感染を防止するため一針ほど縫います。ここで使われる糸は特別なものです。体内に自然と吸収されるものを使うために抜糸の必要がないのです。その縫合箇所にガーゼを当てて、傷口を保護したら、手術は全て完了となります。

TOPへ