ワキガと汗の対処法

人間は生活をしている限り、だれでも汗をかきます。これはしょうがないことだとおもいますし、必要なことなのです。問題は、汗をかいた後にしっかりとしたケアをしているかということなのです。汗をかいた後に、きちんとしたケアをすることによって臭いを少なくすることはできます。わきがは汗の処理をきちんとしておけば、臭いを抑えることも可能です。

 

まずは汗をかいたなと思ったら、タオルなどでこまめに汗を拭き取ることをおこないましょう。汗を放っておいている時間が長ければ長いほど、細菌が繁殖してしまいますので臭いが出てきてしまいます。そのため注意したほうがよいでしょう。わきがにつながる汗を抑えるためには制汗スプレーなども有効だと思います。汗をかいたらタオルできちんと拭き取ってから制汗スプレーをしておけばしばらくは汗を抑えることができます。

 

ただ制汗スプレーは完璧だとはいえません。汗をかいたら制汗スプレーをしていても、なるべくこまめに汗を拭いておくようにしましょう。またわきがを気にしすぎると逆効果だともいえます。わきがの発症はだいたい約12、13才以降からなのですが、思春期にとくにつよくなります。そしてだんだんと症状が軽くなることが特徴です。40才以降は、かなりわきがの症状が治まってきます。

TOPへ