わきがの原因について

わきの下は常に腕で覆われていますよね。そのため汗をかきやすく場所だともいえます。またかいてしまった汗が蒸発しにくいので蒸れた状態が続きやすいのです。そのため雑菌が溜まりやすいといわれています。人間の皮膚には2種類の汗の管、[エクリン汗腺]と[アポクリン汗腺]があり、体温調節のために汗を出す管がエクリン汗腺です。

 

そして毛穴とは関係なく、皮膚の表面の広範囲にこの汗腺はあります。ここから出る汗は、極少量の塩分を含んでおりますが99%が水分です。そしてほとんど臭いはありません。わきが(腋臭)の原因はアポクリン汗腺です。わきの下や陰部、へその周り、乳首の周り、耳の穴にだけある汗腺です。一番多く点在している場所がわきの下で、毛穴が汗の出口になります。

 

ここから出る汗は、脂肪分やタンパク質などがたくさん含まれており、雑菌や常在菌が繁殖しやすくなってします。そのため臭いが発生します。わきの下の毛穴には、もうひとつ皮脂腺がありますのでここから出る脂肪分なども細菌を繁殖させてしまいわきが(腋臭)の原因となってしまいます。また、わきが(腋臭)が遺伝するといった話は、アポクリン汗腺の発達度が遺伝するという意味からきています。

TOPへ