わきがと多汗症

わきが(腋臭)とは、わきの下から出る匂いが体質的または遺伝的に特徴のある鼻につくような匂いです。人に不快感をあたえてしまうこともあります。欧米人の場合には、80%の方がわきが体質であるとされています。しかし、日本人の場合は約10%と非常に少ないです。けれども片親がわきがの場合は約50%となり、両親ともにわきがだと約75%の割合で遺伝してしまいます。

 

次に多汗症についてですが、多汗症の場合は匂いは気にならないのですが、だらだらとわきの下に汗が流れてしまったりわきの下の黄ばみや原色のブラウスなどを着た時にできてしまう汗じみが気になるというような症状です。多汗症はわきの下だけでなくて手足や顔といった場所にもおこるそうです。手や足の多汗症の治療法は、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用などがあります。

 

ワキの汗にはアポクリン腺から分泌される汗とエクリン腺から分泌される汗の2つの種類があります。アポクリン腺から出る汗は皮膚の雑菌によって分解されれば独特な匂いを発します。これがあの嫌なニオイです。つまり腋臭(ワキガ) であって黄色い汗じみの原因となってしまいます。ワキガの原因となるアポクリン腺は身体の限られた部位に存在しておりアポクリン分泌することによって体臭を形成してしまいます。

TOPへ