わきがの別名とは

わきがとは別名で「臭汗症【しゅうかんしょう】」や「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれています。特別に強いニオイ、たとえばすえたような酸っぱいニオイなどを発する症状のことなのですが、決して病気ではありません。アポクリン汗腺の量が通常よりも多いような状態で働きが活発なために起こってしまいます。ワキガはアポクリン汗から発生するニオイです。

 

そして多汗はエクリン汗が大量に放出される症状のことを指しています。いわゆる体臭や汗臭さはエクリン汗によるものなのでワキガのニオイとは別物だと考えればよいでしょう。もしかしたら聞きなれない言葉かもしれませんが、股間部(会陰部)からワキガ臭を発する症状のことはスソワキガといいます。これはニオイの原因となるアポクリン腺が、わきの下だけでなく股間部(会陰部)にも存在するために起こる症状なのです。

 

多汗症を大別すればワキガ型と精神性発汗型の2種類があります。ワキガ型多汗症の場合には、ニオイと汗の両方が気になるケースがあります。そしてニオイはさほど気にならなくても、わきの下から汗がダラダラというように滝のように流れたり、下着や洋服のわき部分が黄ばんでしまったり汗じみが気になるといったケースがあります。

TOPへ