わきが体質セルフチェック

わきが体質なのかどうかをセルフチェックしてみるとよいかもしれません。自分のニオイというものは自分では気付きにくいものだと思います。また、臭いはデリケートな観点から他人からもなかなか教えてもらうことはできないと思います。もしかしたら自分はワキガかも…と思ったら、次のような項目をチェックしてみるとよいでしょう。

 

当てはまる項目が、多ければ多いほど、ワキガである可能性が高いと思います。特に、1〜3までがすべて当てはまるような人は、ほぼ確実にワキガであると考えられるでしょう。ただ、これはあくまでも自己診断方法となってしまうので正確な診断を希望するという方は、専門の医師によるカウンセリングを受けたほうがよいでしょう。

 

アポクリン汗腺は耳のなかにもたくさん分布しています。そのため、アポクリン汗腺からの分泌物が多ければ耳あかが湿り気を帯びてしまいます。耳あかが湿っている人の約75%はワキガ体質である可能性が高いようです。アポクリン汗腺と皮脂腺の分泌液というものは、毛穴を通って皮膚の表面に出るのでわき毛などの体毛が濃いという人はこれらの腺の数も多いと考えられます。

 

女性の場合は、わき毛の量だけでなく太さなどについてもチェックしてみるとよいでしょう。アポクリン汗腺の汗に含まれる脂肪・タンパク質・鉄分・色素などが、衣服について黄色い汗染みの原因となってしまうことがあります。そのため、汗染みができやすい人はアポクリン汗腺の数や分泌量が多いと考えられます。アポクリン汗腺の数が多くてその働きが活発な場合にはわきの下の汗の量は多くなってしまいます。もしも、汗に粘り気があるような場合は、特に要注意だといえます。

 

アポクリン汗腺の数や大きさについては遺伝によって左右されてしまいます。両親のいずれかがワキガの場合には子どもに遺伝する確率は約50%といわれています。そして両親ともワキガ体質だと75%の確率で遺伝してしまいます。両親ともワキガではないのに、本人がワキガであるという場合は、祖父母にワキガ体質の人がいる可能性があります。また、家族にワキガ体質の人がいるような場合には鼻が慣れてしまいニオイに鈍感になってしまうこともあります。

TOPへ