わきがと偏見

わきがについては、いろいろな偏見があるということが現状のようです。無知な場合には、偏見にとらわれてしまうことがあると思います。また、自分がわきがであることを苦しんでしまったりワキガを治すためのことばかり考えてしまい頭がいっぱいになってしまうこともあると思います。自己否定にさいなまれてしまう人も多いみたいです。

 

それでは、わきがとは一体何なのでしょうか?現代の日本社会において、わきがは「人間本来の体質である」というようなわきがに対する認識度や理解度は決して高いレベルにあるとは思えません。そのために社会のいろいろな認識不足や理解不足によって若いときから傷つけられてしまっている人もたくさんいます。

 

また、自分自身を偏見の目で見てしまっている人もいると思います。つまり、わきがが嫌いな人の視点から自分を見てしまっている人もたくさんいるそうです。これでは悩みはけっして解決しないでしょう。直感的にいえば「わきがとはニオイということについて悩むことだ」と思われがちなのですが、本当にそうなんでしょうか?「わきがの悩み」については、「気持ち的な部分」が多いのではないでしょうか。

TOPへ