アポクリン汗腺とワキガ

アポクリン汗腺とは、2種類ある汗が出る汗腺のうちの1つです。そしてアポクリン汗腺は、「わき」や「陰部」、「耳の中」など体の特定の部位に存在しています。エクリン汗腺から分泌される汗と異なっており、アポクリン汗腺から分泌される汗にはたんぱく質がたくさん含まれています。そのため、皮膚に出てくると細菌がそれを分解してわきが臭の臭いが出てきてしまいます。

 

また、そのまま放置しておくと細菌がさらに増えてしまいわきが臭も強くなってしまいます。アポクリン汗腺は思春期に発達するといわれています。そして、体の中でいればわきの下にもっとも多く存在しています。「わきの下」は通気性が悪いことや簡単に細菌が増殖してしまうため、汗が早く分解されて「わきが」の主な原因と言われています。

 

わきが治療については色々な方法があります。人によってそれぞれ性格が違うように、わきがも個人個人の状態によって違います。その状態に適切な治療方法を選ぶことがとても大切になってきます。最終的な判断をする際には信頼できる医院のカウンセリングをうけながら決めていくのが良いと思います。

TOPへ